2011年10月03日

au Windows Phone IS12T をもって会社に(1日目)。

111002-202557au Windows Phone 7 を持って会社に行きました。

自慢(も、少ししましたが)ではなく、仕事で Windows Phone 7 に対応するため、いち早く慣れていくゾ、感をアピール(笑

マゼンタ(ピンク)が目立つのか、エレベータとかでは「Windows Phone ですね!」と声をかけられました。

ウィルコム Windows Mobile 6.5 は(MNP対応でないため)しばらく一緒に持って行ってますが、今日からメールも twitter も web も、Windows Phone 7 でやってます。

WM6.5と比べて、WP7は本当に使いやすいです。シームレスに各アプリを行き来できるのはイイです。People から電話もメールも(使ってみてないけどSNSのメッセージも)送れるのがかなり良い感じです。

・・・

昨日から今日にかけてやってみたことをメモります。


まず、Office 365 の SharePoint Online に置いたファイルを編集してみました。まず、パソコンで Excel ファイルを作って、テーブル(リボンの[挿入]から範囲を選択して表を「テーブル」に変換する)を作ってみたら、そのファイルは、WP7 で上書き保存できませんでした。警告が出るものの、表示と編集して名前をつけて保存は出来ました。しかし、テーブルがあるとそのまま上書き保存は出来ないようでした。

次にパソコンで「テーブルを範囲に変換」(「テーブル」という扱いが出来なくなって、代わりに背景色の塗られたタダのセルになる)を実行して、以前からの普通の使い方の Excel ファイルに変換したところ、そのファイルは WP7 で上書き保存出来ました(左上の写真参照)。

内容も変更出来て、かなり良い感じです。具体的な範囲はわかりませんが、Web版の Excel で開けるかどうか、と同様に、WP7 で編集できるかどうか、は Excel のどの機能を使っているか?で決まるのだと思います。Web 版でもテーブルや条件付き書式は使えないので、同じかな。参照だけで使うか、WP7 と Web で変更できるようにするか、で Excel ファイルの作り方を決める必要がありそうですが、元々「マクロをファイルに保存するかどうか」(拡張子が xlsm になる)でファイルを作り分けたりするので、このあたりは慣れかな~ よし!なかなか良い感じに使えそうです。

このあたりは Windows Live SkyDrive でも同じかな~ また今度使ってみます。

・・・

SharePoint Online のリストの項目は表示することが出来ます。編集は出来ないようでした。

ライブラリのファイルは、Office が対応していれば編集出来るようです。Word ファイルじゃなくてタダの txt ファイルも Word で編集できました。

このあたり、サイトの作り方・使い方も積極的に考えておくと良い感じかもしれません。リストが見られるのは意外ですが、かなり面白い使い方が出来るかもしれません。パソコンの SharePoint Workspace と組み合わせられればかなり良い感じかも。

・・・

次はメールで開発チームのメンバーから送られてきた YouTube のアドレスを開いて、動画を見ました。Windows での画面のキャプチャなのですが、操作している様子を送ってくれたのです。

メールのリンクをクリックすると YouTube の(アプリ?の)画面が表示されました。そこで再生を押すと、画面が全画面に切り替わり、すぐに動画が再生されました。おぉぅ、YouTube 見えるんじゃん。それもかなり手軽に見えました。

ちなみに動画は Micrsoft Expression Encoder (無料版)で簡単に画面のキャプチャ動画を撮ることが出来ます。プレゼンやプロモーションだけじゃなく、プログラムの動作確認やバグの報告などに便利ですよ。これは良いなぁ~ 便利に使えます。

・・・

家に帰ってから、IS12T をパソコンにつないで、携帯のアップデートと音楽の同期を行いました。

IS12Tの画面では、「本体にアップデートがあります。パソコンでつないでね。」的なメッセージが表示されていました。Zune というソフトウェアをインストールして、IS12T をつなぐだけで、後は画面に従っていくだけ、簡単にアップデートできました。

残念。まだ ezweb のメールは使えないようです。IS12Tの画面によると、絵文字も対応するようなので、もうしばらくの辛抱。楽しみですね。

・・・

音楽の取り込みは非常に簡単で、Zune の画面がわかりやすいので使いやすいです。

Windows Media Player で同期していたこれまでの WM6.5 や、他のプレーヤーでは同期が不安定だったり凄く時間がかかったりしましたが、Zune での転送は一瞬で終わる感じです(もちろん以前と比較して、なので実際には少しの時間がかかりますが)。

メディアプレーヤーでは同期させるのに少し時間がかかっていた、Windows Home Server 上の音楽もあっという間に見つけてくれて、さっとドラッグして同期させることが出来ました。

いよいよ Microsoft も本気を出してきたか!と思うぐらいです。

で、肝心の Windows Phone 7 での再生ですが、前評判の期待を裏切らない使いやすさ!!再生したまま、音がとぎれることなくメールや他のアプリが使えるのはもちろん(WM6.5ではこれが出来ませんでした。以前は画面をロック・解除するだけで、音がとぎれていたのです。CPU全能力を使ってた??)、アルバムのアイコンをスタート画面に配置することが出来るので、そのままタップするだけで、いつでも音楽を再生することが出来ます。

これは凄くいいです。

もちろんこの、音楽を再生したままでアプリを行き来できる事は、自作アプリでも APIで自由に使えるOSの標準機能だということ。これは、凄く楽しい、アイディアが広がりますね。

・・・

こんな感じで一日使ってみましたが、さて、電池の「保ち」はどうだったか?というと、WM6.5 を使っているときとほとんど同じぐらい。昼休みに電池が半分になり、帰るまでに充電しないと家に着くのがギリギリな感じ。

ですが、これだけこまめにずっと使ってて、これだけ持つのだから十分、大満足です。

何より、以前の WM6.5 では、この電池の持ち時間の半分以上は、「画面が表示されるのを待っている」時間だったことを考えると、Windows Phone 7.5 の IS12T では、2倍!いや3倍以上の働きはしてくれているのではないか?と思ってしまいます。

WM6.5 では同時に動いているアプリが多くなると電池が急激に減ってる気がして(特にブラウザは終了させておかないと2時間ぐらいで電池がつきていました)、こまめにこまめにアプリを終了させていましたが、WP7 ではそんなことしなくても全然影響が無いようでした。

明日は音楽を聴きながら通勤してみます。楽しみです~♪

posted by SHIN-ICHI at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。