2007年11月26日

もっともっと捨てる

過去に生きるのを辞めた。と、この前書いたケド、そのためにはなんとしても実行しなければならない事がある。それは、TVとスチールシェルフを処分することだ。自分が考えている以上に、彼らは自分のストレスになっているはずだ。新しい生き方をするためには、捨てなければならない過去がある。確かに動く物を捨てるのには物凄い抵抗がある、だけれども、彼らに振り回される人生は、もうまっぴらなのだ。

時は来た。ゴメンね。だけど、捨てるよ。

密かにそう決意しました。処分するものは大学時代に買ったTV、ビデオデッキ、ミニコンポ、スチールシェルフx2、19インチCRT、19インチ液晶モニタ、SEGA SATURN、サターン用バーチャロンツインスティックx2、Dreamcast、ドリキャス用ツインスティック、アーケードスティックx2、ドリキャス銃、キーボード、任天堂GAMECUBE、GC用キーボードコントローラ、それらの全ゲームソフト、(DVDトールのケース以外の)すべてのパソコンソフトのパッケージ、古い(ニッパーで切った後デザインナイフで綺麗に切り取る以前の)ガンプラすべて・・・とりあえずこんな感じ?本はこまめに整理してて、この前、
ブックオフに出す数十冊をまとめておいた。あ、あと、CDも処分しちゃおう。

これらはすべて昔の自分に必要だったもの。

段ボール箱x2とパソコンと布団だけの部屋から始まって、シェルフにコンポやTV、ゲーム機とそのコントローラが並んだときは楽しかった。友達やネットでずっと対戦出来た。嬉しかった。

コンポにはずっと支えられてきた。好きな音楽がなければ、どんなものも作れなかっただろう。今の自分はないだろうと思う。バイトして買えた時は本当に嬉しかった。そして、毎日ずっとずっと好きな曲をかけていた。

大きなCRTは誇りだった。広い画面で作業出来るようになった喜びを噛みしめて、仕事をしていた。パッケージもそうだ。新しいバージョンを買えた事が自信に繋がった。もっと頑張ろうと思えた。少しずつ出来ることが増える実感がそこにあった。

SHIN-ICHIは実は就職するまでガンプラは作ってなかった。部屋にガンダムがあるのは中学以来じゃなかったかな。毎日仕事で疲れて、ふっと家に帰る途中でマスターグレードのプラモを見た。高校時代に雑誌で記事だけ見て知ってたけど、思った以上にたくさんの種類が出てて驚いた。そして一つ買って帰った。何年かぶりに作るガンプラは思った以上に興奮した。それより何より、自分が手を動かすことが好きだって事を思い出した。ずっとCGしかやってなかった。3DCGは数ヶ月とかの単位で時間がかかったから、手軽に物が作れる喜びと、実際に見てさわれる物を扱える快感に、次第にのめり込んでいった。去年、デスマのころなんか、もう、
完成した物を買うようになっていたけど、やっぱり、自分は作れる方がいい。自分が作る喜びは、いつでも思い通りには作れないかもしれない仕事とのバランスをとるためにも、きっと必要なんだと思う。好きなように作れる時間は必要なのだろう。ガンプラじゃなくても何でもいいんだけど、きっと、これを辞めるのはまだ自分にはプラスにはならないと思う。高すぎる目標はストレスになってしまうけど、時々、気が向いたときに作るのは、いいんだろうと思うよ。

だけど、集める必要はない。今まで依存していたおかげで乗り切れた部分はあって、でも、もう終わったことだ・・・また作りたくなったら作るから(この点、ガンプラはいいね!)、昔の物は捨ててしまおう。

ありがとう。いてくれて助かったよ。

本当はまだ忍びない、踏ん切りが付かない、もったいないって思ってしまう。それでも、きっとここで大きな決断をする事がきっとプラスになるんだと、信じて!!

そう、机を買い換えたのはうまく行ったじゃん。ちょっとお金はかかったけど、気持ちは凄く軽くなった。そのわりに・・・な、残りの部分をも入れ替えてしまうんだ!

あたらしく机を入れて、作業できるスペースにしよう。少し狭くなるはずだけど、上がごっそり広くなるから、全体的には広く感じられるはずだよ。

来週末まで忙しいから、その次の週にはきっと。


・・・

ところで、TVを完全に無くしてしまうのは、さすがに困る。ビデオもガンダム00とかだけ録画できればいいんだけど、そのためにHDレコーダ買うのも、なぁ。全然調べてないんだけど、パソコンで見れたりPSPでもいいや、そういう風に出来たらしよう。ひとりでたまに見るのにこんな大きなTVはいらないから捨てる。TVがあれば済むことなのに、もっと大きな目的のために捨てる!こんなこと今までやってこなかった。

さぁ、どうなるかな?やってみよう!!

-----------------
sent from W-ZERO3


posted by SHIN-ICHI at 21:23| Comment(1) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

それが今の自分だってわかってんだから、今更、焦ってどうするよ?

ふぅ~~~ 焦るな。焦るなよぅ。

少しずつ、立ち止まりながら振り返りながら繰り返しながら、でも、前に進んでいる。ただ、まぁ、あれだ。ガキに偉そうに言われるのは、昔の自分にカツを入れられてるようなもんだ。自分の言葉がそのまんま返ってきてるんだから、キレちゃダメだろう。それを超えていかなければ、ね。前向きに真摯に、でも焦らないで、じっくりと向かい合っていこう。今は出来なくても、ね。自分と自分を信じてくれた言葉を信じること、かな。

さぁ、ひとつずつ、じっくりといこう!
posted by SHIN-ICHI at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

1/100 ガンダムエクシア

071120-014440.jpgなんだか周りのおじさん連中には不評な新ガンダムですが、いやいや、かなりカッコいいですよ。こうやって立体を見れば見るほど、ガンダムらしい!と思います。

プラモやCGで今までのガンダムを作ったり描いたりしてると、かなりガンダムらしいパーツ構成になっている事に気づきます。特に足はカトキのVガンダムに似ていて、小さいボディが飛び回る姿はガンダムそのものですね。アニメの中では動きが派手なので、一見違うものに見えるかもしれないけど、戦闘のキメの瞬間じゃなくて、浮き上がったり飛んだり、戦闘に入る瞬間の動きなんかは、あぁ、らしいなぁ、っと嬉しくなりますね。

セブンソードのコンセプトは、主人公機体が青でデカい剣で近接=バーチャロン?!ということで、テムジン乗りのSHIN-ICHIには嬉しいッス、バーチャロンスタイルのゲームにならないかなぁ。

1/100 エクシアもよく動いて、多彩な武器がキマって、かなりカッコいいです!

写真はエプソンプリンタの前で戦うエクシアの図(笑)。猫顔の髭部分の黄色いところだけ塗りました。あ、あと、太陽炉の緑のシールには、パールグリーンを塗って少しキラキラ(ていうかラメだね)に。これはうまく行った!と思うんだけど、先にシールに塗ったのが失敗でした。塗装が割れた。シール貼ってから塗るべきでした。でも、まぁ、いい感じ。ソードとかグレイの部分とかもうちょっと気になるから、塗りたいなぁ、エアブラシが欲しいよ。

いや、もー、とにかくカッコいいね。買って良かった♪

・・・

ところで、ガンプラつくってると思うことがあります。それは、ガンプラもプログラム開発もよく似てるってこと。SHIN-ICHI は、最近までニッパーでいきなり切っても気にしないでガンプラ作ってました。それがネットでカッコいい作品を見たり、完成塗装済みのモデルを買ったりして、目が肥えてきたので、せめて、と、今はニッパーで大まかに切った後、デザインナイフで綺麗に切り取ってます。これだけで、ずいぶん出来上がりが違う!!塗るのは筆ではどうしても綺麗にならず、HGUC Zガンダムをもう何ヶ月も前から塗って磨いて塗り直して磨いて・・・とやってますが全然進まない!だめだぁ!エアブラシが欲しい!!と、挫折気味。
なので、エクシアも付属のシールですませて、印象が変わってくる顔だけ頑張って塗りました(だいぶはみ出て、何度もデザインナイフで削りました。塗装面が綺麗じゃないのはご愛敬)。本当は出来るなら、もっと紙ヤスリで磨いて、塗装もして・・・とやりたいんだけど・・・ このデザインナイフで切るようになっただけでも、完成までもう3倍以上の時間がかかるようになってしまっているんですよ。このジレンマはプログラムも同じだなぁ と・・・

絶対に最初からバシ!っと完璧に綺麗に書いた方がいいんです。じゃないとバグが出るし、あとから直すのは滅茶苦茶キツい、最初から書き直した方がいいぐらい時間がかかるんです、プログラムも。

でも、プログラム技術力があがるほど、かかる時間がまして、なかなか完成しない。そうすると、モチベーションがあがらなくなってつまづいたり。一晩で完成させてた荒削りな昔の自分に、どうしても勝てない気がしてきます。いや、どう考えたってあのころの書き方を許すわけには行かないんだけど、酷すぎて。手は入れられないし、どこでバグになるかわからないし、でも、あのころの勢いにはかなわないと思ってしまう。

てことで、気づいた。

まず勢いでプロトタイプを作る。それはもう、酷いソースでも何でもいい。見た目は綺麗に整えて、でも中は酷くてまともに扱えるものじゃない、とりあえず動いてるだけみたいな感じ、で完成させる。それから、そのソースコードは全くみないで、画面だけ見ながら、全く別で一から綺麗に書き直す、ってのはどうだろう?

プラモだってプログラムだって、中盤が一番キツい。当初ほどのイメージ、勢い、夢が見られないのに、完成がイメージできるほどはできあがっていない。そんな壁を乗り越えられずに完成しないことがどれだけあるか。そこに至ったとき、カッコいい見た目(だけ)のプロトタイプがあったらどうだろう?あんな風に、こんな風に、とイメージを膨らませて作業をつづけられないだろうか?

もう、動くのがあんだから、いーじゃん

とかってやめちゃうかな?(笑)

わかんないな。とかとか、そんなことをぼーっと考えながら、夢中で手を動かせるガンプラは、やっぱいいっす~(片づけないと、プリンタの前にたまっていくのはヤバい!けどね~(汗))


posted by SHIN-ICHI at 15:33| Comment(2) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

メガネの店員さんがみんな笑顔で丁寧 ていうかプロでした

今週はメガネを買いました。会社でかけていたメガネのメッキがはげてしまったので、普段ガケのメガネを会社でかけていたのですが、グラグラと左側がとれそうになってきたので、新しいのを買いました。いつものようにすぐ出来る安いメガネです~

ついでにグラグラのメガネも修理を頼んだのだけど、なんと1年間は保証期間で、フレームは交換してくれるんですね。それで結局交換してもらいました。

ていうか、修理したそばから調整してもらっていたら壊れたっぽい(笑)。交換でいいですか?ということで、新しいメガネは30分ぐらいで出来てすぐかけて、前のメガネのフレームを交換してもらったモノを、今日、受け取ってきました。

う~ん♪いい感じです。

新しいメガネはつや消しのブラック。細いチタンの上だけのフレーム。本当は違う色が欲しかったケド、つや消しに惚れてこれにしました。

今かけている家でかけるメガネは、プラスチックのフレームで外側が黒、内側が白と黒のマーブル?っていうか縞?っぽい模様で、同じく上だけのフレーム。ちょっと太めです。実はかなり気に入ってます。交換してもらえて良かった。

スーツを着ないのでそんなに印象は変わらないケド、仕事と気分を分けられるのが、やっぱりいいですね。
posted by SHIN-ICHI at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

逆襲のそうじ力

今朝、会社の扉を開けたら空気が悪かった。よく、比喩で空気が悪いっていうけど、今日は本当に「う゛ぅ゛」って。扉を開けた瞬間、これはヤバイ!換気しないと!っと、思い立って席の近くの窓を開けました。さわやかな風が吹き込んで、すごく気持ちよくなった。他の何人かも同じように感じたのか、今朝は気付くと近くの窓がいくつか開いてました。

実は、今日は SHIN-ICHI は「逆襲のそうじ力」の日です(逆襲のシャアを昨日ケーブルテレビでやってたので適当にタイトルをつけました(笑))。

去年の家にほとんどいない生活~鬱生活で、お風呂は実はすごいことになっているんですが(めがねをかけてないと気付かない!)、それは今年の初めからちょっとがんばって見て無理だと悟りました。市販の一般用の道具じゃ無理っぽい。少し高くても専門の業者を呼んで掃除してもらおうと思います。それ以外は!と、ちょっとずつ掃除をしております。パソコン買った時に机も買い換えたし、少しずつ微妙に住みやすい部屋を目指して・・・

でも、週末、ふっと「全然だめじゃん!」と思い出して、気合いを入れ直したのでした。で、今日は朝から、もう一度

人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」

を読み直し。週末から掃除力モードにもどっていたので、空気も汚れもすごく気がつく!気になる!そして、綺麗にすると、思った以上に「おぉ~!」ってやる気になるのでした。

そう、この感覚を忘れていましたよ。ちょっと三日坊主になってました。反省。でも、よくぞ思い出した!俺!(笑)ということで、再びコツコツ掃除をしております。毎日トイレ磨きと1マイペット(どこか簡単に汚れを落とせそうなところでいいので、マイペットで掃除するルール)を実施しております。

それから、今日は会社に着いてまず机を磨く(これは時々やってる)。そして、お昼休みに引き出しの1段目を綺麗にしました。ただ片付けるだけじゃない、いらないモノはすべて捨てて、引き出しも磨いて、ペンもステープラーもすべての道具を一つずつ磨く!これ~は、マジで効果あるんだって!去年のデスマはこれで乗り切ったと言っても過言ではない!(忘れてたけど(汗))

明日は2段目だ。自分の周りが綺麗になったら、またゴミ箱とかロッカーとか磨いて回ろう。

ちょっといい気になっていた自分に反省。

それでいて、汚れによって「自分には資格がない、ダメなやつなんだ」と思わされていたことに気付く。綺麗になると「あぁ、俺ってちゃんとやれていいんじゃん!その資格があるよ!俺には!」と思えるから不思議。

うし!目が前を向いた感じがする。

前向きにポジティブに、自然にそうなれるように、掃除をちょっとずつ続けよう!と心に誓いました。
posted by SHIN-ICHI at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

きっと間違っているのは俺なんだろう

一晩で、まるで世界が変わってしまったかのように、何もかも見える物も感じ方もすべて変わってしまった。

きっと、答えはすべて自分の中にあって、自分ではまだそれを知らないのだ思う。それよりなにより、人と話せるかどうかがこんなにも、大きな意味を持つなんて・・・わかっていたはずなのに、わからなくなっていたんだ。答えは自分の中にあっても、自分の方を向いていたんじゃ、それは見つけられないんだ。きっと。

いや、だからこそ、なのかな?

心でわかったって、それを実現する、表現する方法がわかってない。くそぉ、こんなものか?

-----------------
sent from W-ZERO3


posted by SHIN-ICHI at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

信じてもらえるから、信じるのだということ。

もう一つのキーワードは

「自分の事を認めていない、どんな人間の言うことも、聞く必要はない」

すべての否定的な発言を無視しよう。そんなものにエネルギーを吸い取られる人生はまっぴらだ。

そんな中途半端なネガティブなやつの発言なんて、聞いたって何の足しにもなりゃしねぇ、そんなの知ってる、考えてる、っつーの。それを越えてやろうって言ってるんだ、俺は。

それから、自分を信じていないやつに説明・説得する必要は全くない。そいつを納得させないと出来ない事なんてする必要はない。自分から積極的に理解しようとしない人間に、いつでも誰でも説得しようと本気になってくれると思うなよ。

自分を信じてくれる人のために、自分の力を使いたい。
posted by SHIN-ICHI at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

今を生きる

「過去に生きるのをやめよう」

なんだか最近、それがキーワードです。だけど、それに加えて思うのは、遠い未来の事ばかり考えていてもしょうがない。ありもしない未来の事を考えても仕方ない。今を生きなければ。そういう意味で、ひとつずつ決着をつける。

今回はプログラムのお話。ぶっちゃけます。

・・・

SHIN-ICHI が公開している MouseOperation というソフト。Internet Explorer やフォルダ(エクスプローラ)に、「右クリックを押しながら左クリックを押すと『戻る』」という操作を追加するアドインプログラムのお話です。

これを入れると、Opera やマウスジェスチャアドインを入れた FireFox のように、IEもフォルダ操作もガンガン移動できて非常に便利!!ていうか、無いと操作出来ない(当社比10倍の速度差!)というぐらいです。無いと困る。

今、公開しているバージョンでも、なんの不都合もないんだけど(.net Framework 1.1 版)、折角なので、.net Framework 2.0 版で、綺麗に書き直そう!と、ずっと前にちょっと書いていたのですが、どうもうまくいかず・・・VMware Workstation 6 を買って Windows Vista の仮想環境を作れたので、ガンガンテスト出来て、解決!!やっと解決・・・出来て、ちょっとがっかりしてしまったのでした。

どういうことか?というと、無駄骨だった、というか、期待していた事が全く実現できなかった上に、未来につながらない。ていうか、そういう事をまたやっていた自分に腹が立つ、っていうか。だ~!そんなことやってる場合じゃねぇだろう!ってことで、自分で嫌になってしまったのでした。

実は .net Framework 1.1 版は、初めてこのアドインを作るという事をやった頃にめちゃくちゃに汚いプログラムだったので、もう、読むのも改造も出来ず、書き換えたかった、というのは確かなのですが、それが原因で、このプログラムの姉妹品の IEに検索バーを追加する アドインが、新しい IE7 で動かない(ていうか Windows Vista にインストールできない)、その理由が調べられない。それが嫌で、じゃぁ、.net 2.0 で綺麗に書き換えれば、(自分のプログラムの技術も上がってるし!)原因もわかって、改善して、IE7&Vistaでも動くようになるだろう!と。それを期待していたのでした。

でも、結局、IE7とWindows Vista では動かないようなのです。

具体的には DeskBand という技術は使えてるんだけど、IInputObjectSite インターフェイスがどうもクリエイトインスタンス出来なくて、このツールバーにフォーカスを与えることが出来ない。つまり、ボタン系のツールバーは作成出来ても、テキストボックス系のツールバーが作れない、ってことなんです。このインターフェイスのメソッドが呼べないと、テキストボックスに無理矢理フォーカスを移しても、IEにフォーカスを奪われうまく動作しないはず。もっと頑張れば何とか出来る方法はあるのかもしれないけれど、どうもすぐにすぐには無理っぽいのでした。

インストールできなかった理由は、インストール時にクリエイトインスタンスに失敗するからロールバックされていた。その機能を切ればインストールは出来るから、フォーカスをもらう必要のない IEのボタンのみのツールバーや、Windows Vista のタスクバー上のツールバーなら作れるんだけど・・・そのためだけにここまで時間かける意味が果たしてあったのか?とか・

・・・

もう一つ。その課程で、マイクロソフトにインシデント使って質問してわかったんだけど、どうやら Windows Vista のタスクバーのツールバーは、Windows XP のようにドラッグで外に出すことが出来ないらしい。なんてことだ。

メディアプレーヤーのように別のウィンドウに置き換えてしまうような事なら出来るけれど、ドラッグイベント自体が発生しないので、標準の機能としてウィンドウを外に出すような事は全く出来ないのです。むむぅ。

これじゃ DeskBand をわざわざ .net 2.0 で完全に実装した意味がない。もちろん、Windows XP では完全に動作するんだけれど、ね。それは .net 1.1 でも、まぁ、ちゃんと動いていたわけだし、いやソースは汚くて手は入れられなかったのがマシになったというのは意味があったと言えばそうなんだろうけど。

冷静に考えてみる。

Windows Vista にはガジェットがある。ガジェットの作り方は勉強した。サンプルも作ったからもう、作れる。正直、JavaScript を書くのがキツイし、表示も WPF(Windows Presentation Foundation) か、SilverLight が使えないと、手でぐりぐりやるのはしんどい。まぁ、それはいいとして、それを考えると、やっぱりどうも、当たり前なことなんだけど、DeskBand の時代はとっくに終わってて、ガジェットを作るべきなんだろうなぁ、デスクトップ上に何か、フローティングウィンドウを出しておきたい、っていう発想は。

で、当然、Vista しかガジェットは動かないから、Windows XP に対応させるには・・・Googleガジェット作る?Flash系の何だっけ?どちらにしたって意味無いじゃん?その代替のために、Windows Vista ではガジェット、Windows XP や 2003 では DeskBand(タスクバー上のツールバー)を実装?そんなコスト(時間)かけられるの?俺。

つまり、なんだ、そうだ。結局、そこまでして作りたいものがあったわけじゃなくって、ただ、出来るぞ!って、言いたいだけじゃん!っていう。ね。

.net Framework 2.0 で COM をラップして、相互運用を自分で記述して、プラットフォームSDK読んで正しく実装して、それで動かせるようになった、っていう事実が欲しいだけじゃん、っていう。あぁ、もぅ、最悪。そんなことのために何で俺は時間を使ってるかなぁ?後ろ向きなんだよ、全く。

・・・

いや、実際、この「俺は出来るぞ!」って言いたいだけでも、ずいぶん勉強になって、今回ももちろん調べて見るまではわからなかったわけだし、いろいろいい勉強になった。だけどね。「これをどうしても作りたいんだ!そのためにはこの方法しか絶対にないんだ!」という熱い想いがない事をしたって駄目じゃん、と思っちゃう、それが、もう自分が大人なんだ、ってことなんだろうか。最初から駄目な事がわかっていれば苦労はしないんだけど、ついつい目の前の餌に惹かれて、欲を出してしまう。そして失敗、後悔する。

失敗じゃないんだけど、そりゃね、今回のこの内容を俺が心から欲していて、あるいは、本当に必要としている人の情熱に当てられて「うぉぉ!絶対に実現してみせるぞ!」って、やったんであれば、ね。今回の問題だって、使えるケースを選択して適切に使うことだって出来るんだ。

だけど、そのコアな部分が自分に無い。すっぽりと抜け落ちている。そんなことに時間をかけていたことが辛くなる。何のために、俺は?って。

・・・

去年の今頃、会社で酷いトラブルがあって、正直、完全に鬱になってたんだ。半年ぐらい頭が全然回っていなかったのが自分でわかってた。そして、完全にプログラムを書けなくなっていた。if 文さえ書くのが怖かった。自分の責任ではないのに、自分が悪い訳じゃないのに、むしろ逆に危機を最大限に回避できたと思う、あれ以上の答えは無かった。他の誰だって駄目だったと思う、俺たちじゃなければ乗り切れなかった、と。思っても、全く駄目だった。怖くて1行もプログラムが書けなかった(それでも書くんだけど、プログラマだから、ね)。

そういう状況を脱するためのリハビリ的な意味では、よかったのかもしれない。綺麗にプログラムを書いて自分に自信を持てる、そんな瞬間を期待したのもわかる。

それでも、俺は何でもっと生産的な事が出来なかったんだろうか?

いつも、あれもやりたいこれもやりたい、と想いながら、そこに届かない。その原因をはっきりと見た気がした。

・・・

SHIN-ICHI は Zガンダム が好きです。たぶん、SHIN-ICHI には故郷って無いので、小さい頃に見たアニメを懐かしく故郷のように感じるんだと思う。たまには下手なプラモ作りに没頭したり、ぼ~と眺めていたり、そんな時間も必要なんだろう、それは SHIN-ICHI にとっては過去への時間の使い方だ。過去~自分の足場を固めなければ今を生きれない、そんなこともあるだろう。

だけど、過去ばかり見ていたってしょうがない。

昔出来なかった事が出来るようになって自慢したいか?そんな事は出来て当たり前だ、もう15年、プログラムばっかりやってんだから。出来るのはわかったよ?じゃぁ、何をやるんだ?本当にやりたかった事は進んでいるのか?ちゃんと出来ているのか?楽しめているのか?

本当にやりたかったの?

楽しくないことをやりたいと思うのは、きっと、また欲が出てるからだよ、過去と対峙しているか、ありもしない期待、偽物の未来を思い描いているだけだ。そんなもの、本当は必要ないんじゃないか?

その今やりたいことは、ちゃんと未来につながっているかい?

そして、その未来のために今を犠牲にしていないかい?

今を楽しめない人間に、どんな明日が描けるっていうんだ?

楽しくない今日は、楽しい明日にはつながっていないよ。辛くても楽しめる今日だからこそ、乗り越えて明日につながるんだと思う。恋愛だって、彼女の笑顔をみたいと思うから動くだけで、わざわざ辛いことを乗り越えようと思って動くわけじゃない。もっとシンプルで単純な理由が無ければ人が動けるものかよ。

その想い無しにどんな未来を思い描いても、そこにはたどり着けないよ。そう思う。

・・・

やりたいことがあるんだ。

そこから膨らみすぎた大きな夢を、一度すべてリセットして、本当に出来ること=今一番欲しいところから造ろう。

計画的に、なんて、クソくらえ!だ。

自分が、俺が本当に欲しい!と思うものから、ちゃんと造ろう。その積み重ねが、きっと、どんな綿密に描いた計画よりも、すばらしい、完成図を見せてくれるんだろう、と今は思う。

何も考えなくてもなるようになる。今を本気で生きていれば、きっと、ね。
posted by SHIN-ICHI at 00:50| Comment(0) | TrackBack(1) | プライベート | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。