2007年02月26日

いつまでも、このままではいられないのだ

将棋を初めて考えるようになったこと。まず「遊んでいる駒がないか?」ということ。それがそこにいたのでは、本来の能力を発揮できないもの、というのは自分の生き方・生活でも沢山考えなければならない考え方だ。昔は凄く役に立っていたものでも、今は全く使えていない、というのは、その駒自体が変わったわけじゃない。自分と自分を取り巻く環境、とか、周りが変わったのだ。その上で、今、そこにそのコマがいることは、死んでいる事と同じ。盤の上で駒が泣いている。昔の自分、考え、気持ち、夢、理想、こだわり、そういう変化を受け入れ、駒を動かす、使う、あるいは諦める、ことが必要なのだと思う。

それから、今日、実感したこと。それは「駒を動かすことで、利かなくなる部分がある」ということ。改善しようと手を打って、逆に、今までそれを動かさないでいたから出来ていたことが出来なくなる。そこが弱点になって大ダメージを受ける。これはSHIN-ICHIの生き方のパターンそのものだ。良くしようと思えば良くなると信じきっている。考えてなかった、ってことが多すぎる。本当は、その何でもないように思えたこと、ひとつひとつが、安定した自分の形を維持しているのだということを忘れないこと。金を前に動かせば斜め後ろ(つまり、金が元いたすぐ横)は手薄になるということだ。アレをやれば良くなる、というものでもない。なんでもかんでも出来るわけじゃない。大切なもの、変えてはいけない事を見極め、維持する努力にもっと価値を見いだすべきだ。すぐに不満に思って手を打つのはダメダメ!もっと周りを見直そう。

そして最後に、敵陣、敵のコマの近くにいても、安定している場合がある。逆に「無理に離れようとすると詰んでしまう」事がある。当たり前のことだけれど、配置が大切なんだ。大きな抱えきれないような問題も、うまく隣に置いたままで付き合っていく方が安定できることもあるのだろう。焦って逃げれば逃げるほど、自分で自分を追いつめる。ここ!と決めたらじっと動かないことが求められる。かなり意外な発見でした。

つまり、焦って動くのはそろそろやめて、じっくり自分を見つめなおして、計画を立てて行こうよ!って、感じでしょうか。なんでもチャレンジしている場合じゃないよな、とか、ね。将棋なら自分で考えた手を試して失敗して納得する時間もあるかも知れないけど、人生は、なかなか・・・失敗は取り返せない。いつまでもこのままではいられないのだ・・・

posted by SHIN-ICHI at 20:16| Comment(0) | TrackBack(1) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

何を改善すればいいのか?感覚でわかるのは専門分野だけだね~

今日のアイロンがけはなんかうまくいかなかった?しわがあんまり取れませんでした。ていうか、干した時から既にしわしわだったような?何が悪かったんだろう?いつもと何も変わらないんだけど・・・

よくモノにぶつかったり落としたり倒したりこぼしたり、かなり疲れてる感はありますが(汗
posted by SHIN-ICHI at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

東大将棋

「ネットショップで買い物しても、届くのは少し先だから、満足しないで、ストレス解消にならないんだよね~、どんどん買っちゃう」

「ストレス解消したいんですか?」

ぐぬぅ・・・手厳しい一言(苦笑

そうなんですよね、ストレス解消とかしている場合ではないのです。それでも「今月中にあと1買えばプラチナ会員継続!」とか「楽天ポイント10倍!」とか言われると、ついつい「じゃぁ、ちょうどよかったから(ホントかよ?)USBハブを買うか」とか(汗

誰かこのバカを殴ってください(--;

・・・

で、今日届いたのは PSPの将棋ゲーム

最強 東大将棋 ポータブル

Amazonのレビューどおり、そうとうイイ!です、これ。一番いいのは、対局の一手一手についてどちらが優勢か?をグラフで表してくれる機能。「おぉ、このへんまでちゃんと互角に戦ってたんじゃん」と分かると、悪い手を指したことを指摘されてもやる気が萎えません(笑

それにくわえて、悪い手でも本当はどうすれば良かったか?とか、ちゃんと教えてくれるし、かなり勉強になります。

目当てで買った「初級講座」も、定石をただ再生して解説するのではなくて、何通りか?ある部分も、自分で選んでそのどちらがよりよかったのか?とかも読めるし、ほとんど全ての手で、一手一手に解説がついているので、「う~ん、なるほど」と納得しながら勉強できます。これは買って良かった。

SHIN-ICHI は小学生の頃、1年半ほど将棋クラブで将棋をしていた程度なんですが、最近、同僚が将棋が好きだと言うことでお昼休みに指すので・・・えぇ、ボロ負けなんですよ、マジに、本当に。それがね~、何が悪いのか?は分かるんだけど、だいたい、じゃぁ、どうしたらいいのか?が、まるで分からない。定石とか全然知らないからなんだけど、時々指すぐらいで、そんな、20年以上経験に差がある人間に追いつける訳がない。とか思うわけですよ。

自分で経験を積んで学ぶのが無理なら、習うしかないっしょ。

ということで頼みの綱で買ってみたPSPの将棋ソフトだけど、これはかなりアタリかも♪

同僚は「意味ないよ~(笑」とか言うけど(ぐぬぅ!(ーんー))見てろよぉ!とか。

ところで、将棋ゲームで以外に重要なのが、グラフィックと音楽、そして声。女流棋士が読み上げとかやってくれるのがかなりイイ感じです。強くなるまでは負けばかりでやる気が萎えてしまうこの手のゲームで、気分を盛り上げてくれてやる気にさせてくれるこの音と映像の演出は、思った以上に評価高いです。

安い将棋ゲームで下手な絵で音も酷いと買っても嬉しくないし練習になった気がしない。それに対して、この東大将棋PSPは手軽に出来て気分も良くて負けても勉強になってかなりイイ感じです。う~ん♪

・・・

これから毎日寝る前は、将棋だなぁ。ストレスでいらついているときは「ルミネスII」でリラックスして寝よう~

あ、そういえばルミネスIIに Def Tech の曲が入ってると思う、たぶん、Def Tech だ。「このまま」っていう曲だった。もう入手したよ♪
posted by SHIN-ICHI at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

「もっと出来て当たり前」と思われていないと、だめ出しもないわな

俺なら出来たはず、って事?期待されていると考えるべきか、買いかぶりすぎだ。そんな何でもかんでも出来ないよ。

焦らないこと。

今日できないことは明日、明日出来ないことは明後日、来月、来年出来るようになればいいんだ。それを忘れない事。急いては事をし損じる。焦って成果を求めないこと。地道に行くしかない、こともある。そうじゃないことはたいてい何でもガンガンやってるんだから。一度に何度も改善していくことなんて、出来やしないさ、過信しすぎだ。ゆっくり行こう!

目の前の小さな一つ一つを決しておろそかにしないこと、そして、それでいて信じられないようなクオリティで、かつ、あり得ないスピードで確実にこなせるようになろう。そのためには、はしょるんじゃなくて、確実にやることから。どんなにアレでも、許される事なんて何もないのだ。それを忘れてはいけない。

そんな感じ?
posted by SHIN-ICHI at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

痛くて集中できないので寝ます

お腹が痛いです。なぜかボロボロです。
余裕のない自分が嫌いです。笑顔がない、人に優しくできない、もーだめ(T^T
posted by SHIN-ICHI at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

一太郎2007のアウトラインモードで�M$($r@0M}$7$F$$$/!)

昨日は一太郎2007を少し使ってみました。サンプルとして、自分のホームページの更新手順や構成・アーキテクチャ?を書いてみました。これがね、もー、かなり使いやすい!Wordのスタイルの使い方を覚えたときも思ったけど、こうやって書けばいいのか!?って感じで。Wordは先にスタイルを用意して、それを適用しながら書くのが一番分かりやすいきがするけど、一太郎はアウトラインモードのおかげで先にテキストエディタのようにとりあえずガンガン書くのも良いし、スタイルを適用しながら書くのも良いし、自分でコントロールしながら書けてる感が嬉しい。やっぱりインテリにお任せなWordと、感覚的にコントロールできる一太郎、って感じがします。買って良かった♪

最近、会社で手順書や、仕様書ではないんだけどアーキテクチャなどをまとめた文書をつくるようにしています。え?当たり前?だといいんだけど、それがなかなか。そういう文化がないところでやっていくのは難しいです。社会人一年目の時は、自分で率先してやっていた気がするけど、気づくとどうやっていたのかもわからない(苦笑)。慣れてきてだれてきてる(?)後輩に説教しながら、新入社員の教育をどうしていくか?考えながら、自分がやらないとダメだと反省しながら、少しずつ始めています。

で、個人の活動も同じなんですよね。少し時間があくと、それを当時どうやっていたのか?手順もアーキテクチャもぜんぜんわからない。数人のベンチャーから会社が大きくなるときの同じように、自分の活動も何度もパラダイムシフトとアーキテクチャの変化を経験しているのだから、記録を残さなければわからなくなってしまいます。

そうしてまとめてみると、もう限界だと思っていたいろんなところが、まだまだ効率化、自動化できたり、バックアップなど全くフローが出来てない部分があったり、整理されてポイントが見えてくることに気づきました!これは凄い発見!

ガンガン攻める為には整理する時間も必要なのだと、再認識と反省をしています。

posted by SHIN-ICHI at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

まだまだぁ!(シロー・アマダ風に

Zガンダムが好きです、Vガンダムが好きです、08小隊が好きです。DVDボックスが欲しいです・・・でも、ぐっと我慢(T^T

今の俺に欠けているのは楽しむ事じゃない、アグレッシブなチャレンジ!勝負!!だ。辛くてキツイ壁を乗り越えなければ、今のこの気持ちは晴れやしないんだ!もうちょっと頑張れよ、俺。とかとか。

それでも 08小隊のDVDは欲しいッス(笑

あの、熱いところが好きです。
posted by SHIN-ICHI at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

Vista使いの憂鬱 ~ 窓使いの憂鬱はWindowsVistaに対応せず。レジストリ変更でキー割り当て変更を?

GANAware「窓使いの憂鬱」開発終了とVistaについて

さて、長らくアップデートをしておらず、事実上開発停止状態だった「窓使いの憂鬱」(以下 mayu ) ですが、本日をもって正式に開発/サポート終了とさせていただきたいと思います。いくつかの問題については対応が中途半端なままになってしまい大変申し訳ありません。

ご利用ありがとうございました。
バグ報告、パッチ、助言などの形で mayu に貢献をしてくださった方々、今まで本当にありがとうございました。
な、な、な、な・・・(T^T

あまりのショックで声が出ていないSHIN-ICHIです。わ~ん(泣

窓使いの憂鬱」とは、Windows のキー配置を変更できるソフトです。レジストリを書き換えないで、ドライバとして動くことで安定・安心してキー配置が変更可能、しかもカスタマイズがかなり柔軟に出来て、とても便利なソフトでした。

家では HHKB Lite2 を使ってる SHIN-ICHI は、ほとんど同じキー配置で使えるように、会社では窓使いの憂鬱を使って、CapsキーをCtrlキーに、代わりにCtrlキーをFnキーとして同時に1を雄とF1として動く、とかとか、ほとんど手をホームポジションから動かさなくてすむようにしていたのですが・・・はぁ、そうですか。Windows Vista では使用できないのです。とても残念です。

家の Windows Vista で一度試していて、IE7が起動しないなどなど、不具合が出ることは確認していました。あぁ、でも、使えないなんて(涙

家では逆に、Fn と 半角/全角(スペースキーの左の無変換キーの隣にある)を押して Windowsキー となるのはショートカットとして使いづらいので、無変換キーを一度押すと無変換キーとして動作。無変換キーを押しながら他のキーを押すと Windows キーとして動作するようにカスタマイズしていたのです。あと、カナキーをCapsキーにしたり。あぁ、それが使えないなんて・・・ Vista にしてから日が経つので忘れてしまいましたが、他にも便利なショートカットを割り当てていたはず。あぁ・・・あぁ・・・

・・・

ということで、代替方法を探し中。窓使いの憂鬱を見つける前に、レジストリを書き換えてくれるソフトを見つけていたのに、なんて言うソフトだったか忘れてしまいました(その間にHDが壊れて何も残ってないし)。

猿頁「キー割り付け」

そこで さるべーじ さんのページ!さすが!同じような悩みを既に解決・・・中?

う~ん、SHIN-ICHI も今のアイコンを全部描き終わったら試してみよう~ とりあえず、会社では Vista に入れ替えるのは当分先だなぁ~
posted by SHIN-ICHI at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

若い世代を育てているつもり?

今日も今までにないハイペースでアイコンを描いている SHIN-ICHI です。こんなスピードでアイコン描けるのね、集中すれば・・・いや、すげー消耗して気分悪いんだけど(苦笑

それはともかく、日曜日はアイロンの日。今日もアイロンがけをしました。シャツ8枚で2時間。その話を同僚の女の子にしたら

「遅い!」

と言われてしまいました(汗

ポイントを押さえてアイロンがけするなんてまだ出来ないです。「まぁ、結局、慣れね」って、そうだよな~・・・数をこなすしかない。今日はかなり集中してアイロンがけしてみました。そしたら、10分ほど短縮?なんかその分、手を抜いたところがある気がしないでもないが、それが気にならない程度であれば、ね。

・・・

Amazon でガンダムフィギュアを見ていたら、Vガンダム!!と思って実際のページに入ったらν(ニュー)ガンダムでした(笑

それで思い立って検索してみてこんな記事を発見。

富野語録名作選 「Vガンダムは何故失敗したのか」

ざっと読んでみたら、なんかどこも同じ問題を抱えているんだなぁ、とか。去年のうちの会社の状態も似ているような。そうなんだよね、ほんとに・・・ ちょうど SHIN-ICHI より上の世代は「そんなことも知らないの?」と、教えたことも無いのに驚く。知らねぇよ、っての。SHIN-ICHI はよくあったから、ちょうどその境目の線の上にいるんだろうな、とか。

一番最初にそれを感じたのは、小学生低学年の頃かな、ボーイスカウト(低学年だとカブスカウトだね)で山に行ったとき、木の箱を渡されて「その中に箱庭をつくりなさい」っていう課題が出された時の事。一緒に粘土も渡されて。

自分の班が作ったのは、箱一面に苔を敷き詰めて、真ん中に箱を横断するように粘土を引いて川に見立てた感じ。箱の隅の方は少し盛り上げて山のようにして。SHIN-ICHI の頭の中では、テレビで見た空からみたアマゾンのジャングルみたいな映像が浮かんでいて、とても良い感じだと思ったのを覚えてる。

で、課題を提出したら、全員が怒られた。

他の班の作品では、粘土で家やなにかが作られていて、「なんでそんなことをするんだ」と。今までの先輩達は、もっと石や木を使って自然を作り上げたのに、なぜ粘土を使ってそんなことをするのか?と。そういう言い方だった。だから、SHIN-ICHI は、自分たちの班は違うのに、と納得できなかった。何を言ってるのか?まるで、わからなかったんだ。

今ならわかる。

実際に山を歩いて見て、観察していれば、地面がどのようになっているのか?木がどのように生えているのか?山全体がどうやって出来ているのか?そこに目がいくはず。それをそのまま形にすればいいのに、実際にその場にいる子供達は自然を見ようとしていない。

木の箱に緑を敷き詰めて、ところどころに何かをおいてそれで終わり。SHIN-ICHI の頭の中にも、ドラクエのフィールドのようなイメージしかなかったんだと思う。俯瞰なんだよね、その場にいながら。目の前にモノが見えていながらそのままにイメージできない、そのことにショックを受けて、それ以上何も言えなかったのかもしれない。

だけど、その意味がようやくわかったのは SHIN-ICHI は20代になってからだった、絵を描くようになってからだったのです。今なら、ほら、その立体的な感じまで具体的に思い描くことが出来るよ。でも、それまでは、本当に何のことを言っていたのか?まるでわからなかったのです。


・・・

中学、高校と、いつになっても SHIN-ICHI の中にはこのイメージと同じ感覚があって、自分より上の世代はなんか当たり前にわかってることがある。それを自分は知らない、だけど、そのことを求められるし、知らないと言えば、呆れられたり怒られるだけで、じゃぁ、それで誰か教えてくれるか?というと、だれも教えてくれない。そういう嫌な感覚から、もう、ずっと逃れられなくて、大人になるまでずっと

「自分は独学でやってるからたいしたことない。本当はもっといろんな事をベースとして知ってるべきなのに、それがないから、自分のはダメx2なんだ。」

と思っていました。いや、思わなくなったというより、みんなそうだということに気付いただけか(苦笑

そうなんだよね。自分と同じ世代、自分より下の世代はみんなどうやら同じみたいで、例えば大人としての一般常識?社会人としてどうあるべきなのか?っていう、基本的な事っぽいことも、全然、基本的な事じゃない。SHIN-ICHI もぶっちゃけよくわかんないもん。知ってると思っているか?思っていないか?の違いなだけで、実際、そういう感じなんだろうな、とか。

TVや雑誌で誰かが言ってたのを真に受けると、SHIN-ICHI より上の世代の大人達は、「ビートルズとかバブルのせいで勉強しなかったから」だとか「団塊世代が自分が働くことしか考えなかったから」だとか、そういう事が原因らしいけど、とにかく社会全体がそうで、最近では、"(" がつくと足し算引き算の順番がわからない大学生がいるらしくて・・・って、そういう話をしたら会社の人は嫌そうな顔をしていたな。でも、近い将来そういう後輩が入ってくる可能性もあるはずなんだよ、ね。

・・・

で、ようやく富野の話に戻ってくるんだけど、SHIN-ICHI がこのボーイスカウトの例の話と、絵を描くことと、自分のプログラムの経験から、誰かにコレを引き継いでいかないと行けないんだと、強く意識するようになったのは、やっぱり富野がきっかけだったんだなぁ、とか。

映像の原則―ビギナーからプロまでのコンテ主義
富野 由悠季 (著)

Amazonのレビューでも「読みづらい」と書かれているとおり、ホント、きっとこのVガンダムでの事を書いてるんだと思うけど、キツイ。そういう本です。SHIN-ICHI は Flash アニメーションをやるために、コンテを描こうとか思ってる時に買ったのですが、その後、Flash アニメーションをやってないので、全然、活かせてないです。でも、映像を見るときの視点が変わったので、その点では凄くためになって。

この本の中で富野は「なんでこんなに常識を知らないんだ。」「ていうか、自分が教えてこなかったからか。」みたいなことを言ってます(詳細は覚えていなくてごめんなさい)。

アニメーションをやる人にとっては「そんなの当たり前だろう」ということを自分が教えなかったから、若い世代は当たり前だと知らないのか、とショックを受けた事がよく伝わってきました。これは凄く自分の経験と合わさって、SHIN-ICHI の中に強烈に突き刺さっていて、自分が人にモノを教えるときの警鐘になっているのだと思います。

だから SHIN-ICHI は、知らない人がいてもバカにしないし、そこから丁寧に教えることにしています。今の世の中、当たり前じゃなくて当たり前。それを教えていない自分(達)が悪い。逆に知っていることもそんなに偉い事じゃない。それをどう活かすか?どう伝えていくか?そこまで出来て初めて、出来たことになるんだと思う。そうじゃなければ、ただ好きなことをして暴れて逃げただけになってしまう。そんなことはしたくない。

そのあたりが伝わらないんだよな、あの連中には。まぁ、俺も何も言ってないけど(笑

とか、思いながら、じゃぁ、それが出来るのか?っていわれると、ねぇ、耳が痛いのです。後輩から「アレはどうなっているんですか?」「この資料がありません」「なんで決まっていないんですか?」そう言われるたびに、ヤバイ!もっと頑張らねば、と。出来ることからしか出来ないけどね、やっていきたいのです。

当たり前のことを当たり前にして、知らなければいつでも自分で勉強して当たり前に出来る、そんな感じがいい!と思います。出来れば当たり前に感じ取ってもらえるように、実践していきたい。


そんな SHIN-ICHI ですが、4月の新卒の新入社員の教育担当になりました。今、後輩と二人で担当しているプロジェクト(と言いながら、半分、押しつけてしまう形になって、別のプロジェクトにいますが SHIN-ICHIは今)で、色々教えているのが評価されたのか?単に技術的なところで、C#を一番知ってると思われているのか?わかりませんが・・・ 今、ベンチャー脱却中のうちの会社にはまだ何もないので。少し考えたいな、とか思っています。
posted by SHIN-ICHI at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

錆びていない?

昨日、気付いた事。

身体が軽い!

そう!そうなのです。やっぱり、風邪?マイコプラズマ肺炎?が治って、体力が回復し始めると違います。身体が本当に軽い。しばらくやめていたボクササイズのまねごとも、腕がぐん~と打ち抜ける感じ?肩が気持ちいいです。う~ん♪

そうそう、会社でマイコプラズマ肺炎の話をしたら、もうひとり咳が止まらない人が「それだ!」と、激しく同意(苦笑)。そしたら今日はその人と SHIN-ICHI の間に挟まれてるもう一人が調子が悪いとのこと!あぁ!もしかして(以下略

それからもうひとつ。会社で新しいプロジェクト、いよいよコードを書き始めました。といってもWebアプリケーションで、Photoshopで絵を描いて切り抜いて、HTMLとJavaScriptを書いて、それから ASP.net(C#)に、っていう感じで、プログラムメインではないですが。それでもやっぱりモノ作りは楽しい!人が使うモノを作るというのは、なんでこんなに楽しいんだろう。やっぱり SHIN-ICHI はそこなんだろうな。

色々と悩みは尽きないけれど、なるようになる?一番良い形にするしかないんだよね、とかとか。

・・・

今日は帰りに吉祥所の本屋さんに寄ってきました、ギリギリ1時間。22時に閉店で、21時に駆け込んで、普段は2時間以上本屋さんをぐるぐる回る方なので、物足りない~!!でも、おかげで、というか残念なことに、なのか、本を2冊しか買いませんでした。

ソフトウェア開発の課題6 TSPガイドブック:リーダー編
ワッツ・S・ハンフリー (著), 秋山 義博 (監修), JASPIC TSP研究会 (翻訳)

今、シリーズ5の「パターンによるソフトウェア構成管理」を読んでいて、次に読みたいので買ってみました。シリーズの1冊目も欲しかったケド、本屋さんのはボロボロだった(涙

Visual Studio Team Systemで実践するソフトウェアエンジニアリング
Sam Guckenheimer (著), Juan J.Perez (著), トップスタジオ (翻訳)

個人で、会社で、Team System を入手して早一年・・・全然使いこなせてねぇ~、いや、それどころではなかったけれども!で、新しいプロジェクトでは Team Foundation Server を使いはじめたし、勉強を~!


ということで、今回は久しぶりにプログラム開発関連の本を買いました。特に、ソフトウェア開発の課題シリーズは、ちょっと今まで勉強してこなかったので読んでみたいのでした。

いや、勉強してなかったっていうとアレだな。今までこういう教科書から勉強するのではなく、実践して自分で考えていく方だったので。それは学生時代に金がなかったり、山口県だったので東京の無料のセミナーに行けなかったり、と、そういう理由だったんだけど、いざ、大人になってお金を使うことが出来るようになっても、全然教科書から勉強する癖がつかなくって。

たぶん、SHIN-ICHI が実践から学ぶタイプだからだと思うけれど、最近はその限界を感じます。やっぱり自分ひとりでどれだけ考えたって、世界中で沢山x2、既に考えて実践して実績を上げている人たちには敵いません。

それに、考えていることを証明しなければ、考えていないのと同じように見えることに気付いた、というのでしょうか。二度とデスマはゴメンだ、というのが一番なんだけど、じゃぁ、どうしたらいいか?っていうところで、具体的にそれを実施していくための手法を欲している、そんな感じです。

ふぅ・・・本屋さんでは他に良い本はなかったなぁ。

今読んでる本の参考文献を書き出して、Amazon でも検索して、レビューの評価が高いのを調べて買おうかな、とか思っています。俺はまだ錆びちゃいないぞ!もっと勉強してぇ~!もっとレベルアップしたいんだぁ~!!

それにしても、う~ん・・・本があふれていく(汗
posted by SHIN-ICHI at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

もっと踏み込めって

そう言ってもらえると嬉しいのだけど・・・

本当は踏み込みが甘い。まだまだ本気にならないと行けないんだと思い知らされた。俺が甘かったんだ、きっと。そこからもう一歩、もっと踏み込めって
posted by SHIN-ICHI at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

デスマーチでマイコプラズマ肺炎?

長く苦しい咳からようやく解放されそうな SHIN-ICHI です。まだ声は変なので、コンビニのお姉さんに「暖めますか?」「袋はおわけしますか?」「箸は(以下略)」と聞かれたくない今日この頃です(苦笑

今日、NHKの きょうの健康(の再放送)「増えているマイコプラズマ」を見ていて気付きました。

もしかして マイコプラズマ肺炎 だったの?

単に症状が凄く似ていただけで、診察を受けたわけではないのですが。以下にその症状をメモっておきます。

・激しい咳(空咳、長く続く)
・痰が透明、あるいは白い
・熱(38度前後)
・全身の筋肉痛、だるさ

・普通の抗生物質が効かない
(※普通の抗生物質は細胞壁を対象にしているが、マイコプラズマ細菌は細胞壁を持たないので、それを対象にした抗生物質が必要)

・潜伏期間が長い(3週間~)
・感染力が非常に強い
・安静・睡眠・栄養(バランス)・水分補給が必要

肺炎の割に症状が軽い、というか、一般的な風邪の症状によく似ていて、ただ咳が重いだけなので、風邪だと思って発見されない事が多い・・・って、俺じゃん!まさにそうだよ!

マイコプラズマ肺炎 - Yahoo家庭の医学

マイコプラズマ肺炎 - 愛知県衛生研究所

いや、何年も前に同じような症状になった事があるけど、その時も病院には行かなかったもんなぁ。一度なっても何度もなるって言うし、きっとコレだ。いや、ホントにそうか?わかんないんだけど、まだ症状が長引くようだったり、また今度同じ症状になったら、絶対に病院に行こう。マジでキツかったんだって。

それから、もしそうなら SHIN-ICHI も誰かから感染したんだと思うけど、きっと他の誰かに伝染しているよね、これ(汗

・・・

今日、久しぶりに DDR をプレイしたら、あり得ないぐらい体力が無いことに気付きました。まだ病み上がってない?(苦笑

まず、足譜が全然読めないのもそうなんだけど、激がひとつも踏めなかった。これは~・・・相当に体力が落ちてるよ(T^T

自分の記録(以前はちゃんと踏めてAAとか出てるんだよ!)が自分で信じられん・・・ヤバイ。

SHIN-ICHI がデスマってる間に、Dance Dance Revolution Strike とか、Dance Dance Revolution SuperNova とか、いつの間にか出てんじゃん!(いや、出てそうなことには気付いていたケド、チェックできていなかったです~)

これはヤバイ~と、早速、楽天で注文。届いたら一日1プレイでも良いから続けて、地道に体力を回復させていこう。大学時代は12時間連続!とか、最短でも3時間とか、平気で連続プレイしてたんだから・・・って、DDRもさすがコナミスポーツ?意外にちゃんと運動になっていたのね。そりゃ、やめれば体力も落ちるし太るわな。

せっかくシリーズが続いてくれたんだから、ちゃんと続けよう。頭がぼ~となってリラックス出来るぐらいはやろう。せっかく手軽にスポーツ出来るんだから、そのくらいめんどくさがらずにやろう。

デスマったら体力落ちてマイコプラズマ肺炎になるぞ(おぃぉぃ
posted by SHIN-ICHI at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

自分で何とかする事が出来ない事もある

大学時代から毎月読んでる雑誌の占いで、今月は「自分で思った通りに進められるだろう」とか書いてました。ホントに?それなら嬉しいんだけど(苦笑

本当にどうするのが一番いいのか?悩んで悩んだ結果、ひとつ決めたことがあって、信頼できる人に相談しました。そしたら意外。あっさりわかってもらえた、というか、それが一番良いと思うと言ってもらえたし、ひとりは「納得は出来ないけどね」と、SHIN-ICHI の心情も理解してくれて・・・ふぅ。とりあえず、これでひとつ前に進むだろうか?うまく行くのかどうか?は、わからないけれど、どうにも出来ないことなので、後は祈るのみ、です。とにかく、相談して良かった。それが一番大きかった。

なんだかわからないけれど、この数日、体力が全然なくってボロボロ、絶不調な反面、話したりメールもらったりして嬉しい事は多くて、(あぁ、今日は返事書けていないけれど、アイロンがけ出来たからそれでよしとして寝るか(汗))なんだか、幸せなのです。

自分一人で生きているんじゃないんだなぁ、と思います。

だから、自分の力を発揮できるときには、もっと、腐ってないで、出来る限りの事を誠実に前向きに、やっていきたいな、と思うのです。
posted by SHIN-ICHI at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

一太郎2007と翻訳ブレイン、PSPメタリックブルーが届きました

img048.jpg予約特典で指定した通りに届いた 一太郎2007 & 翻訳ブレイン、そしてネットショップのプレゼントで当たった PSP メタリックブルー♪わ~い!

ジャストシステムからのメールで、一太郎スイート(Officeみたいにフルセットになってるエディション)のインストーラに不備があって出荷をとめたと言っていたので、遅れるのかと思って心配していたんだけど、一太郎はちゃんと届いてくれた。一緒に買った「一太郎2007のすべて」っていう本を読んで、連休中に使い方を覚えよう(思いだそう?)。届いてくれて良かった。

PSPは当たると思っていなかったからビックリ!どうやら他の人に当たっていたんだけど、連絡が付かなくて、どんどん次点に回されて当たったらしい(笑)。ネットショップのメルマガ、あんまり読んでないのかな?みんな。SHIN-ICHI もひいきにしてるショップ、面白いメルマガしか読まないもんな。今回はラッキー♪

posted by SHIN-ICHI at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

心の叫び

体力も時間も無いけど・・・飲みに行きて~(苦笑
posted by SHIN-ICHI at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

ロングテール戦略を話し合う


続80対20の法則を覆す ロングテール戦略先日紹介した「ロングテールの法則」の続編

続80対20の法則を覆す ロングテール戦略
菅谷 義博 (著)

を読みました。「法則」の具体的な実践ノウハウが紹介されています。これは絶対読むべき!サイト制作者なら必読!です。

これを読んでいて良かった、今日のお話。

今日はロングテール戦略について、同志(?)と話し合いました。SHIN-ICHI が考えられていなかった点、このロングテール戦略で語られていない部分のお話、について話が盛り上がる。う~ん・・・確かに、考えていなかった。

その辺をクリアにしていきつつ今後の戦略を立てよう。まだそんなレベルですが、確実にパラダイムシフト的な動きを感じます?
posted by SHIN-ICHI at 23:49| Comment(5) | TrackBack(2) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

ブルー月曜日に嬉しいコメント

今日はもう、会社に行くのが嫌でx2(笑

どうしてもやらなければならない事があったんですが、とにかく気が重くて行きたくありませんでした。最後は、もう、なんか、「ホントにコレでいいのか?!」とか思いながら・・・う~ん(泣

なんとか乗り切った(?)一日でしたが、実は今日は嬉しいことが沢山ありました!

まず、昨日紹介した掃除機、同僚に早速聞いてみたところ、大満足!!嬉しい~良かった~。

いや、ほんと、レビューで書かれてる不満点は、確かにあたってる事もあって、「なんだよ、使えねぇ~よ」とか言われるんじゃないか?とドキドキ。でも、やっぱり見た目とのトレードで、吸い込みも思ったより十分、置いておけるのが最高、掃除が楽しくなる、って気に入ってもらえて、ホント良かった♪

それから嬉しいメールを沢山頂きました。頑張った甲斐があります。

そして、Vector のソフトウェアのダウンロード画面のところに、Amazon みたいにユーザーのコメントが追加できるように、最近、変わってるんですケド、今日は沢山コメントをもらいました~♪

アイコンが多いですね。う~ん、気に入ってもらえて嬉しいのです。うし!今日も頑張るゾ!

Vector コメントに何かうまくリアクション出来るといいなぁ、と思って、色々Vector に聞いてみたけど、SHIN-ICHI が提案した内容はちょっと無理みたい(^^;)でも、有効ならいつか採用してくれるかな。SHIN-ICHI 個人的にもちょっと考えてることがあるので(って、もー、ブログにはあらかた書いてるからバレバレか(苦笑))、楽しみにしてて~

と、久しぶりに「乞うご期待!」な事を書いてみました~
posted by SHIN-ICHI at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

サイクロン掃除機 エルゴラピード


SHIN-ICHI が使っている掃除機です。赤は Amazon でも買えますが、シルバーはヤマギワ ( e-yamagiwa )だけです。

エレクトロラックス「エルゴラピードサイクロニック 2 イン 1」パールホワイト

会社の同僚に紹介したら、レビューの否定的な書き込みを読んで買わないっぽかったのに、色々悩んで結局コレにしたそうです。昨日届いているはず、どうだったかな~?気に入ったかなぁ~?(ドキドキ

SHIN-ICHI も彼も、コレを選んだ理由は、そう!「見た目」です。

なんと言っても見た目がカッコイイ!掃除機ってしまうの相当おっくうなんですよね、しまってしまうと掃除したくなくなるし。でも、普通の日本の家電の掃除機は部屋に出したままにするには・・・いまいち。それに対してコレはどうですか?お客さん!(笑

去年、SHIN-ICHI が買ったときは大人気で在庫が全然無くってかなり待ちました。赤にしようかな?とも思ったけど、シルバーを選びました(パールホワイトですケド、白よりシルバーの方がイメージに近いかな)。う~ん♪カッコイイ♪

コレを買ってから掃除がおっくうじゃなくなった。気がついたらさっとスタンドからはずして軽く掃除。そのままスタンドへ。ゴミ捨てや気合い入れて掃除する時に合わせて中のゴミを捨てればいい感じ。ワンルームな SHIN-ICHI の部屋だとコレで十分。カッコイイので大満足です!

何が嬉しいって、同じ気持ちでコレを選んだ人がいるってこと~ 満足してるといいな~
posted by SHIN-ICHI at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

SmartScroll が販売終了~ Windows Vista 対応版が欲しい!

WACOM の SmartScroll が販売終了になっています。サイトリニューアルの時に製品一覧から消えているのでビックリ。ドライバも Windows Vista に対応しないままです。む~(T^T

SmartScroll なしでは絵が描けない人間にしておいて、もう販売しないなんて酷すぎる~!って、Windows Vista 対応の新バージョンが発売されるからなのかな?ちょっと期待しながら待ってみます(;ん;

ということで、Windows Vista で SmartScroll を無理矢理使う時のポイントを書いておきます。ユーザーアカウント制御をオンにしているので、解除すると起きないかもしれません。また、もちろん自己責任で。


1. Windows Vista を再起動するとドライバが動作しなくなる。

起動時に「ブロックされたプログラム」の一覧に含まれていますが、これを解除してもスマートスクロールは正しく動作しません。再起動するたびにドライバのインストーラをダブルクリックして、ドライバの更新を行うと、ちゃんと動作するようです。

SHIN-ICHI はデスクトップにドライバインストーラへのショートカットを置いてます(泣

とはいえ、Windows Vista は通常終了させずに、スリープ(Windows XP の休止とスタンバイをあわせたような機能)にしているので大丈夫。スリープからの復帰ではちゃんと動作してくれます。再起動したらドライバを更新するようにしよう~


2. プラグインをドラッグで読み込めない。

いくつかのソフトがエクスプローラからのドラッグに反応しなくなっているので、スマートスクロールも同様にファイルドラッグに反応出来なくなっているようです。マニュアルに書かれているもう一つの方法にあたる plugins フォルダにファイルをコピー。ドライバの更新を行うとちゃんとプラグインが読み込まれています。


3. 新しいソフトウェアに対応したプラグインがない。

個人でプラグインを公開している人がいるので検索してみましょう。

tamasha's Souko さんの WACOM スマートスクロール・マルチプラグイン がお薦めです。トラックボールからマウスドラッグ動作も送信できるので Maya の Alt+マウスドラッグ 等の速度も送信できました♪

・・・

個人的にプラグインを作ってみたい気持ちはありつつも、C++ でなければならないので二の足を踏んでいて、そのまま。

今ではすっかりスマートスクロールが無ければ絵が描けない人間になってしまって会社で絵を描くときは(使える Phtoshopがかなり古い ver.5 ということもあるのだけれど)左手がぴくぴくして操作が遅くてもうイライラx2!頼むから新しい Windows Vista 対応で、.net アセンブリ(C# or VB.net)対応のスマートスクロールを出してくれ!ワコム!!

と、切に願う今日この頃~ 今日も家ではものすごいスピードで頼まれた絵を描いています(笑

(正直な話、.net アセンブリ対応ならいくらでもプラグイン作るから、お願いしますよ!WACOMさん!お見積もりいたしますので、ご連絡ください。よろしくお願いいたします。)
posted by SHIN-ICHI at 23:03| Comment(6) | TrackBack(1) | プライベート | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

Windows レンタルサーバを借りたくなります

お仕事のお話。新しいプロジェクトでは ASP.net で Webアプリケーションを作ることになりました。てっきり、Windows アプリケーションを作ると思っていたので、なんの用意もしていなくて、急遽色々調べてます。

それから Photoshop で画面をデザインして、切り抜いて HTML にして、Visual Studio で表示させて確認して。Vista(IE7)対応も考えないと。新しいフォント“メイリオ”は“MS UI Gothic” より大きめなので、余裕のあるデザインにしないと・・・ちなみにこのブログをメイリオにすると、いろんなところがはみ出て欠けてしまいました(汗)。スタイルの解釈もやっぱり変わってる(一般的な解釈にそろえられてる)のね。

そうやってWebをやっていると、やっぱり個人のサーバーも、Windows レンタルサーバを借りたくなります。
posted by SHIN-ICHI at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。