2006年04月29日

電脳戦機バーチャロン“愛”


img022.jpg“YOU LOSE”の画面より酷い・・・R.N.A. テムジン 無惨にバラバラです。

部屋を掃除しているときに誤って落としてしまいました。もともとかなり古いモノをヤフオクで譲って貰ったモノなので、関節がかなり脆く、かなりカッコイイポーズが沢山とれるアクションフィギュアなんですが、ほとんど動かさず飾っていたのです。一部、自分でなおした所も。それが、今度はザッパーまで無惨にバラバラに(T^T

戦闘で負けてもココまでエグくバラバラにはなりませんよ!

実は SHIN-ICHI は、この海洋堂のアクションフィギュアの R.N.A. テムジン は、ザッパーが大好きでもう一体ヤフオクでゲットして持ってるんですよね♪

なので、1機やられてもまだ大丈夫・・・って、そんなわけに行くかぁ!

模型は苦手ですが直します。太いところが行っちゃうとアウトですが、以前も直した 3mm プラ棒か 1mm 真鍮線で繋げば何とかなる場所なら、まだ SHIN-ICHI にも直せる!まだ戦いは終わっていないぞ、コンティニューだ!
続きを読む
posted by SHIN-ICHI at 12:23| Comment(2) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

疲れた x 風邪 x 休みたいケドそれどころじゃないの

今日はよっぽど会社休もうかと思ったんだけど、なんとか仕事乗り切りました。久しぶりに胸が痛い(SHIN-ICHI は疲れると胸が痛くなります)ッス。でも息が出来ないほどじゃないし、平気かな?と思ったら、やっぱ風邪みたいで。お腹ボロボロで、足もむくんでるし筋肉痛でてるし喉も痛いし・・・とにかく疲れたッス。早く帰って寝よう!

地味に会社休んでる人多いよ。ていうか、毎年この時期は風邪引くし。季節の変わり目っすから。

これから夏まで、いや年末まで、メチャクチャ忙しくなると思う。ちょっと色々ヤバいッス。ゴールデンウィークから自炊するのが目標だったんだけどキツいかな?むむぅ。とりあえず、冷蔵庫の整理、ていうか賞味期限の切れたものを捨てるのは進めてるので、ちょっとずつでも。


ふぅ・・・しんどいっす。早く家につかないなかぁ(-o-...zzz

posted by SHIN-ICHI at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

“天才”になる方法 ~“天才”と付き合う方法


め組の大吾(10) <ワイド版>あなたは天才ですか?あなたの周りに天才はいますか?

・め組の大吾<ワイド版>10
曽田 正人 (著)

SHIN-ICHI は、少年サンデーで連載されていた(といっても連載当時ではなく、その後コンビニで販売された雑誌版(?)で知り、ハマったんですが) 『め組の大吾』 という漫画が大好きで、疲れたとき、コミックを読むとなんだか凄くやる気になります。その中の登場人物、大吾 と 甘粕 が凄い。とにかく凄い!

この漫画、読むと必ず泣きます。凄くぐっと来ます。熱いです。必ず一気に読み切ってしまいます。初めて社会に出た時の気持ち、仕事をするということを知る事、自分を見つめ直す経験、調子に乗ったり反省したり、その中で自分の天職を知っていく、自分という人間を知っていく、そんな気持ちを何度も味合わせてくれる、そんな魅力ある作品です。

中でも登場人物がすばらしく、SHIN-ICHI はその中でも 甘粕 が一番好きです。


甘粕 は主人公の友人で、主人公 朝比奈大吾 はいわゆる“天才”。甘粕 はそのライバルであり良き理解者、親友として描かれています。

主人公の大吾は、幼い頃の火事の経験から消防士にあこがれ、消防士としてその才能を開花させていくのですが、その幼少の経験故、常人ならざる才能、能力を身につけ、他の誰にも理解出来ない独自の感覚で障害を乗り越える“天才”、世界のヒーローに成長していきます。その中でも様々な葛藤があるのですが、それよりも注目させられるのは、“天才”の彼を取り巻く周りの人間の反応です。大吾自身理解出来ていないその天才の感覚を理解出来ず、恐れ、多くの人間が彼を制止し、また関わらないようにしたいと思う中、彼の凄さを見抜き支え力になろうとする人間がいます。甘粕はその中でも最も彼を信頼し、支えようとする人間です。

天才は理解出来ません。人は理解出来ないことは、賛成できません。否定するか?関わらないか?自分がそれを出来ると思えないのだから、「それは出来ない」と「ヤバイ」と止める側に回るのが普通です。理解出来ないことを賛成するのは非常に難しい。よっぽどその人物を信頼していなければ出来ません。

「俺には分からないけれど、あいつがそういうのなら出来るんだろう」

と信じること。自分が理解出来る“共感”ではなく、理解出来ない事を知った上で“信頼”し、信じること。人が他人と上手くやっていくのには、本来、それが必要なんだと思います。

甘粕は早くから大吾を天才と認め、よっぽどの努力をしなければ天才と同じレベルでやっていくことは出来ないと自覚し、努力した上で、一般的には理解されない天才の大吾を信じ、その信じられる根拠をあつめたり説得することで大吾を支え彼が思う存分力を発揮出来るようにサポートする。大吾が言うのだから間違いないと甘粕が信じ、甘粕がそういうのだから大丈夫なのだとみんなが納得する。そういうスタイルで彼を支えることで、大吾は本来の力を発揮し、世界で最も優れるレスキュー隊として活躍出来た。世界中が大吾を認めるようになる、その前に、彼を認め信じる事が出来た 甘粕 は凄い!と、SHIN-ICHI は思うのです。


もし、自分が天才だったとしても、自分を信じてくれる人がいなければ、力を発揮出来ない。

もし、自分の周りに天才がいたとしても、彼を自分が信じなければ、彼は力を発揮できない。


SHIN-ICHI は、人はどんな小さな事でも、少しずつみんな何かの天才だと思っているので、これはつまり、人が社会で生きていくことはどういう事か?共感し合えなくても理解し合い、信じ合う事。信じて任せることが出来なければ、人は生きていけないんだと言うことを表してるんだと思うんですよね。

共感出来る必要はない。ただ、信じられればいい。

信じられるのであれば、相手が言っていることがわからなくたって良いんです。自分が全て分かる必要はない。その人がわかってくれているのなら・・・。でもそれは仕事でも、家族でも、とても難しい事だったりするんですよね。人はやっぱり自分に理解出来ないことに賛成するのは難しいとも思います。

せめて、彼がそういっているのが「ヤバイ」事なのか?本当にそうらしいのか?分かればいいのに。

め組の大吾の台詞を借りるのであれば
あのときは・・・

わたし自身、この子の輝きが、羨ましくて悔しいくらいだったけど・・・

同時に、この子の無謀を誰かがいましめないと、

大変なことになるとも思った・・・・・・

だから・・・叩いた・・・

でも、今日・・・

初めて思った・・・

わたしには理解できなくても・・・

この子にはわかる何かがあるのかもしれないって・・・・・・

わたしが・・・

わたしなんかが、軽はずみに、ことの善し悪しを判断してはいけないような・・・
そういうことがあるのか?ないのか?それがわかればいいのに。

そういうことが、科学的に「ある」ということ、そしてそれが大切だと言うことを示した本が、今日、紹介する『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』です。
続きを読む
posted by SHIN-ICHI at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

しずかちゃんの次にお風呂が好き?

突然降り出した雨に濡れて帰ったので、今日は珍しく、帰ってすぐシャワー。いつも朝、起きたときに浴びるのが習慣で、大学時代は着替えずパソコンの前からジーンズのままベッドにダイブ!そのまま寝る!みたいな生活から、朝シャワー派になってしまいましたが、いや~夜シャワー良いね~目がとろ~ん、となってきましたよ(-o-...zzz

そういえば、週末はいつも、湯船につかっていたのに、最近はやってないなぁ。密かに温泉とか行くの好き、銭湯でも可。シャワーもお風呂も好き。毎日シャワーは朝から1時間浴びてますし・・・あぁ~もっとお風呂な生活にしようかなぁ~眠い~ぐ~・・・
posted by SHIN-ICHI at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

ガンプラを捨てた日

今年のSHIN-ICHIの目標は“捨てる”事。毎週、週末はゴミ捨てキャンペーン!ということで、今週はついにいよいよ捨てたんですよ!そうです!そうなんです!ガンプラッス!ガンプラッスよ!

古いガンプラを少しだけ処分しました。

これは人類にとっては小さな一歩だが、SHIN-ICHI にとっては大きな一歩である(笑


つーても、まだまだガンプラの箱にクローゼットは占拠されているので、積極的に処分しないといけないんだけどね。下手の横好きは、かける時間も短いから思い入れも少ない分、無駄に増やしすぎる。と思う。3DCGみたく数ヶ月のオーダーで時間をかけて作れば、こんなに増やしはしないはずなのに・・・とか反省しながら、少しずつ処分。まだ全然組んでないモノもたくさんあるんだけど・・・どうするよ?

ところで、みなさんは完成したガンプラの箱の処分が出来ますか?

飾っていないガンプラとその箱は、もう見なくてもいいから飾ってないとすれば処分も出来るケド、今まさに気に入って飾ってるガンプラの箱は、どうなんだろう?もう完成しているんだから箱は不要だろう、とは思うんだけど。どうしても SHIN-ICHI は捨てられません。いや、ガンプラだけじゃなく、パソコンのソフトウェアの箱も、ソフトが数万~数十万するだけに、大事なのは中身、CD/DVD だとはわかっているのに、そのパッケージも誇らしげに取っていたかったりすんですよ。何年もすれば時が解決してくれて、捨てられるモノもあるけど・・・やっぱり捨てられないモノもあります。

しかーーーし!ココが自分の限界。この壁を越えないと明日はない!

実際、都合の良いことに、Microsoft MSDN で購入した Visual Studio 2005 は、新しいディスクが無骨な段ボール箱で届くばっかりで、ディスクはたまるけど箱は増えない。大切なのは本質。ディスクが無くてもダウンロードで最新のモノは手にはいるし、ディスクも、ダウンロードしたものを取っておかなくても良いようにディスクが届くという感じに過ぎない。今まで後生大事にとっておいたパッケージがいくらこれからも大事に思えたって、新しいパッケージは手に入らないんだよ。カッコイイパッケージは。

良いチャンスだろ?来週は思い切って箱をガンガン捨てようぜ!

毎日それを眺めれば幸せな気持ちになれる、というのなら取っておく価値はあるだろうが、欲しいのはそれじゃない。自分はその中身で得られる自分の生活が大切だ。箱はもういいよね。きっと・・・


う~ん、ところで、女性はブランドモノのバッグとかの箱はあっさり処分出来るのかな?
posted by SHIN-ICHI at 23:06| Comment(4) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

くるくる蛇の倒し方講座?

2月25日にこの辺に到達!

そして今日、洞窟の最後に到達!

PHANTASY STAR ONLINE Blue Burst - EPISODE IV のお話。ひさしぶりの記事ですが、わりと週末、毎週プレイしてます~。総督クエスト、地道に、地下洞窟を進み・・・

続きを読む
posted by SHIN-ICHI at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

あとは練習あるのみ?


AUTODESK MAYA オフィシャルトレーニングブック―Mayaで始める3DCG制作の基本AUTODESK MAYA オフィシャルトレーニングブック―Mayaで始める3DCG制作の基本

この本のおかげで、ようやく Maya の使い方がわかりました。この前「わかった」と言ってから、「やっべ~、これでわかってなかったらすげー恥ずかしんだけど」と、ちょっと心配だったんですが、今日も使ってみて、やっぱりわかってる!trueSpace と同じ事がちゃんと出来そうです。

もちろん、全然、全部の機能を知ってるわけじゃないし、まだ慣れてないので操作がメチャクチャに遅いんですが、あとは練習あるのみ!かな?慣れてくれば trueSpce 使ってた時と同じように何も考えなくても操作出来るようになると思う。

ていか、さすが高かっただけあって、trueSpace より圧倒的に使いやすい!よく出来てるよ、マジで。あんな事もこんな事ももう悩まなくていいんだ!当たり前に出来るものなのね・・・泣くよ!ホントに(TuT

あぁ、買って良かった。Maya を選んで良かった。30万が無駄にならなくて良かった。

いやいや、まだまだこれから。まだ全然、自分の絵としてレンダリングしてないのに、安心しちゃダメだ。思い通りの絵柄にするまでまだ何ヶ月も何年もかかるから、きっと。でも、使ってて嬉しい、ワクワクするので、ちょっと気合い入れて、時間見つけて、頑張ってみようと思います。

まだしばらくサイトにCGは更新出来ませんが・・・見せれるようなモノが描けるようになってきたら少しずつブログで紹介しながら、のんびりゆっくり頑張りたいです。がんばるゾ!

ところで、Amazon のこの本のレビューを書いてみました。

『概略の説明~シンプルな例(練習課題)~詳細の説明』が順に繰り返す構成で、非常に説明がわかりやすくて読みやすいです。それぞれの内容もポイントを押さえてわかりやすいように、順に機能を絞って紹介してくれるため、自然と理解出来ます。3DCGビギナーはもちろん、ソフト乗り換えユーザーにもお勧めの最良の教科書です。

特にMayaに限らず3DCGの本は、ビギナー向けの本が多く、それらの多くは「意味はわからなくてもまずこうしなさい」という課題が続くきます。これらの本は3DCG経験者には非常に読みづらいのですが、この本では違います。まずそれぞれの概念をMayaではどう取り扱うか?理解させてくれるので、自分が使っていたソフトで言うとアレだな、という感じで頭を切り換えていく事が出来ます。今まで読んだ本ではわからなかった、Mayaというソフトの仕組みとユーザーインターフェイスの意味が理解出来た気がします。また、今回初めて、Mayaの基本的な操作を理解し、使えるようになりました。

練習課題としては量が少ないので、ビギナーさんにはこれだけでは思い通りにモデリングしたりする感覚は身につけられないかも知れませんが、基礎を理解して練習に取り組めば、きっと感覚的に使えるようになると思います。そのためにもまずこの本から始めると良いともいます。自分が3DCGを始めたときにこういう本があれば、きっともっと早く3DCGが思い通りに描けるようになったのに!と思う本です。

文章も図(画面キャプチャと解説)もわかりやすいのですが、何よりも説明の順番と具体例が秀逸で、今まで読んだどの本よりも適切だと思います。
実は今まで何度か Amazon のレビュー書いてて、一度も一発でうまく行った事無かったり。大抵、文字化けして切れてたり(汗)。今回は、うまく行くかな?

ていうか、もう、Maya使える人みたいな書き方しちゃったのがアレなんですが・・・まぁいいか(笑
posted by SHIN-ICHI at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 3DCG | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

「できる人」の聞き方&話し方


「できる人」の聞き方&質問テクニック なぜか、「人に好かれる人」の技術と習慣本を読むの禁止!と言いつつ、また本を読んでしまいました(笑)。最近、地味に忙しかったり、風邪気味だったり疲れ気味で『やれた感』が薄いので、プチ依存症気味ですが本を読んで解消、ですね(汗

「できる人」の聞き方&質問テクニック なぜか、「人に好かれる人」の技術と習慣
箱田 忠昭 (著)

前に「話し方」の方を読んで、良かったので、気になって買ってみました。この人の話はとてもわかりやすくて読みやすくて、そして、ぐっと引き込まれる感じがするので凄く好きです。

実は、後半に筆者が独立して会社を立ち上げたときの話が紹介されているんですが、そこでの取引先(になる瞬間の話です!)の社長さんとの会話で、ぐっと来ちゃって、電車の中なのにウルウルきて泣きそうになってしまいました(;u;

「あぁ、自分もこんな人に出会いたい」

そしてそれはつまり、「自分にもそういう風に仕事ができるチャンスが欲しい」「自分もそういう人間になって、そういうチャンスを作りたい」っていう気持ちなんですね。


実は先日(といっても、もう何ヶ月か?前の話ですが)、SHIN-ICHI が何かの悩みで自信を無くしてやる気もなくして、友人に相談した時に、

「なりたい自分をイメージすると良いかも」

というアドバイスをもらいました。「なりたい自分?」そんなこと考えたこともなかったので、そっちで悩んでしまいましたが、毎日そういう将来のことを考えるようになったおかげで、目の前の事件に振り回されることが少なくなって、確かにその悩みからは解放されました。

それから毎日「なりたい自分って何だろう?」という事を考え続け、ようやくその答えを見つけた気がしました。この本で紹介されている場面のような、そういう仕事が出来る大人の男になりたい。SHIN-ICHI がなりたい自分ってそれでした。具体的に「こういう生活が出来たらいいな」とかそういうのは全くない自分でも、具体的にどうすればいいのか?は抜きにして、将来はどうなっていないと嫌なのか?それを考えていたら、やっぱり普通に「仕事が出来る男になりたい」なっていたい。

昔自分が抱いていた仕事をする人のイメージとはずいぶん違うんですが、大人が『仕事』をするってこいうことなんだろうなぁ。とか、どういうキャラクターの人間になっていれば仕事が出来ているのか?とか。

自分がそういうキャラクターになっていないと、そういうことが出来てる場面もイメージ出来ない。人との出会いも、チャンスをもらえるのも活かせることも、全ては自分のキャラクターが始まりなのだと「なりたい自分」像を考え続けたことで気付くことが出来ました。


まず自分がどうするか?どうすればいいか?どうすればそうなれるのか?

この本も前の「話し方」編も、そのための方向性と具体的なアドバイスを与えてくれています。
続きを読む
posted by SHIN-ICHI at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

WindowsUpdate で Flash コンテンツがクリックしないとアクティブにならない ~ FFXII サイトも?

ファイナルファンタジーXII の公式ページの ENTER と書かれてるところを押して表示される Flash のページ、クリックしても反応がない。家でも会社でも動かないので、スクウェアエニックスにお問い合わせで伝えたら「そんなことはない」って言われてしまいました。ホント?みんな動いてるの?

アドビ(旧マクロメディア)からお知らせメールによると、最近(4月12日)マイクロソフトは Internet Explorer のアップーデートで、Flash 等の ActiveX コントロールコンテンツが、アクティブにならないと動作しないように変更した。アクティブにするにはクリックしないと行けない、というような事があったので、それが原因なんじゃないか?と思ったんだけど・・・前はちゃんと見えてたもんね。

通常 Flash コンテンツを右クリックすると、Flash のメニューが出るのに、そのページはIEの右クリックメニューが出てるし。

ちなみにSHIN-ICHIのギャラリーページのFlashムービーも、クリックしないと右クリックメニューは出せないように変わっています。確か、これ、何かの法律対策だったよね・・・

アドビの説明ページは以下参照。
http://www.macromedia.com/jp/devnet/activecontent/
http://support.adobe.co.jp/faq/faq/qadoc.sv?5503+001

マイクロソフトの説明はこちら
http://www.microsoft.com/windows/ie_intl/ja/using/techinfo/activexupdate.mspx

ホントにこれとは関係ないのかな?みんな見えてるの~?私だけ~?(だいたひかる風に
posted by SHIN-ICHI at 20:20| Comment(11) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

ウォレスとグルミット

友達情報。ウォレスとグルミットの新作映画がもう上映されてるじゃん!ヤバい!行かねば!
吉祥寺の映画館・・・ではやってないか。この前、Zガンダム見た立川の映画館ではやってるゾ!Web予約するために会員になったし、週末見に行こう~♪

大学時代、ウォレスとグルミットの携帯ストラップが超お気に入りでした。一つは「ペンギンに気をつけろ!」のペンギンと電車とグルミットのやつ、もう一つは「危機一髪」のショーンと飛行機に乗ったグルミットのやつ。あれはかなり可愛かった~♪なんかグッツ欲しいゾ

映画、友達はもう行ったらしい。SHIN-ICHI も行かねば!
posted by SHIN-ICHI at 00:28| Comment(0) | TrackBack(1) | プライベート | 更新情報をチェックする

マイコンピュータ「モバイルデバイス」のアイコンを W-ZERO3 に変更する方法

ぞう♪さんから頂いた情報。オリジナルは
http://forum.brighthand.com/showthread.php?t=108845

W-ZERO3を使うとき、Windows XP の マイコンピュータ に表示される「モバイルデバイス」のアイコン(および、表示する名称)を自由に変更する方法。

レジストリの下記位置を変更。レジストリについては十分に勉強してから操作してください&データのバックアップを忘れずに、自己責任で・・・
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\CLSID\{49BF5420-FA7F-11cf-8011-00A0C90A8F78}]
@="W-ZERO3"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\CLSID\{49BF5420-FA7F-11cf-8011-00A0C90A8F78}\DefaultIcon]
@="C:\\Icons\\W-ZERO3.ico"
上記は、Survievplus.net サイト Products ページの「マイ Windows Mobile ドキュメント Version.1.0」で公開している W-ZERO3 用のアイコンを、Cドライブの Icons フォルダに置いた時の設定例です。一緒に表示名を W-ZERO3 に変更しています。レジストリエディタで該当キーをエクスポートしてバックアップし、コピーした regファイルを編集してインポート(regファイルをダブルクリックして結合でもOK)すると簡単です。直接レジストリエディタで書き換えても良いけどね。


実行すると・・・おぉぅ!ちゃんとマイコンピュータに W-ZERO3 として SHIN-ICHI が描いたアイコンが表示されてます!わ~い♪情報ありがとうございました。感謝~♪

そういえば W-ZERO3 は新色 シャンパンシルバー が発売されてましたね!会社でも買った人がいました~!設定方法を“お読みください.txt”に追加したいし、新色アイコンも用意しようかな?とか思います~
posted by SHIN-ICHI at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

FFXII は ドラクエIII と似ている と勝手に思う。

FFXII の話。チョコボじゃないと行けない洞窟突破した所です。全員レベル30~32。ミストナックは2つずつ取得してるケド、チェインの原理がまだ分かりません、でもカッコイイからいいか(笑

ヴァンとアーシェは剣と魔法、バッシュは斧とハンマーで3人が前衛~壁~回復役。パンネロがダガーとボウガン、バルフレアが棒と銃、フランが弓と魔法でサポート~対飛行タイプ~後衛。リーダーに壁と回復役を任せる構成でガンビットそれぞれ5~6個中、3つを汎用設定、残り二つを場合にあわせてカスタマイズで。HPとか変わっていくので汎用設定も見直さないとだめかな。ライセンスのオプションをほとんど取ったのでHPやMPは充実してるけど、装備やワザがそろそろ厳しくなってきた感じ。まだ、HPに物を言わせて速攻でボスも畳みかけられるけれど、そろそろホンキで細かいところを考えないと、戦闘はキツイ。ファミ通によると例えば、リフレクをかけて挑めば倒せるらしいモブに、正面突破を試みたら見事に返り討ちに合いました。雑魚にも魔法をかけられるとかなり焦る。でも、戦闘が楽しいから、まぁいいや。のんびり研究して対応していこう~♪

SHIN-ICHI はファイナルファンタジーシリーズはやってないんですが、FFXII はドラクエIIIに非常に似てると思う。個人的に。
続きを読む
posted by SHIN-ICHI at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

ワンコイングランデ バーチャロン (2ND)

ワンコイングランデフィギュアコレクション バーチャロン セカンド BOX昨年、SHIN-ICHI に人生初の“大人買い”を経験させたワンコインフィギュアのバーチャロンシリーズ。その第二弾がついに登場!えぇ、買いましたとも!

これが最後の大人買い!・・・になるか?は分からないけど、バーチャロン好きとしてコレだけは買わねば!クオリティは前同様最高!いつまで見てても飽きないし、今回はデカイ!(バル・バス・バウとベルグドルがいるしね)そして、フェイにはスタンドがついてる!バルにもちょびっと浮いてる感が出せるスタンドがついてます。良いよ、コレ。ガンダムを片づけた机の上に、再び全部並べて、上から見下ろしてもバランスがよく見れて、かなり良い感じ。

やっぱり SHIN-ICHI はバーチャロン好きッスね。

今週はヤフオクにバーチャロンのWindows版(95,98用)が2回も出品されていて、どちらも入札したけど、会社の新入社員歓迎会とか、タイミングが悪くてどちらも落札出来ず・・・がっくし。

パンツァードラグーン はPS2版にリメイクされてセガダイレクトで販売されてるし~!バーチャロン10周年も過ぎたことだし、セガはきっと次回作もリメイク版も作ってくれている!と勝手に信じて、サターン版でもプレイしながら CG 描いてみっか!?
posted by SHIN-ICHI at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

コンバース オールスター スニーカー も買いました

CONVERSE(コンバース)ALL STAR W OX(オールスター W OX)(ホワイト/オレンジ)楽天でスニーカーも買いました♪

春が来たので、ブーツをやめてスニーカーを履いているのですが、久しぶりに履くとかかとがすり減ってるのがよく分かります。SHIN-ICHI は歩き方が変なせいか?両足外側のかかとがすり減ります。大抵、スニーカーはボロボロになるまで履きつぶすんですが、かかとがすり減り過ぎると、立ってるのもキツクなるので(苦笑)、買い換えます。今回はそんな感じ?で買い換えを~

吉祥寺とかスニーカーを見て回っても、あんまり気に入るのがないので楽天で検索しました。
続きを読む
posted by SHIN-ICHI at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

可愛いシュレッダー

ペーパーシュレッダーSCA45H[ オレンジ]楽天でシュレッダーを買いました!安いのにオレンジとホワイトの感じがメチャクチャ可愛くて、しかも性能も十分!

安いシュレッダーでは良くある長い短冊になっちゃうのではなくて、ちゃんと、横の切れ目も入って短く切れるので、会社とかにある高性能なのには負けるけど、十分すぎる!しかも可愛い~♪

シュレッダーって家庭用でも可愛いモノが無いので、これは、待ちに待った感じ最高。モノを捨てるためにモノを買うなんて、ちょっと矛盾してる感じだけど、これは良い買い物でした。たまりに溜まった明細を1時間かけてシュレッダーしまくり(笑)、ゴミ袋、1.5袋分もシュレッダーするとなぜか微妙に達成感、満足感が♪これは楽しいかも~
posted by SHIN-ICHI at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

Visual Studio 2005 Team Developer 静的コード分析が面白い!

お仕事とプログラムの話。今、SHIN-ICHI は仕事で新しいフレームワークを作っています。依然のバージョン、Visual Studio 2003 で作成したものを、Visual Studio 2005 でアップグレード中。Visual Studio 2005 Team Developer には静的コード分析っていう機能があって、「推奨されないプログラムの書き方」は警告として表示してくれます。設定でエラーにする事も出来ます。2003のソースをそのまま使うと尋常じゃない数の警告が出ますが、最近はその警告を片っ端からつぶして、「推奨される書き方」にするのが目標、というか密かな楽しみだったりします。

ジェネリックに置き換えれるとか、.net 2.0 の新機能を薦めてくれたり、バグの温床になるような書き方を指摘されて、実際にバグを見つけたり、推奨される書き方を追うとかなり勉強になります。え?そうするのが普通だったのか?と、知れる機会はありがたいですね。

C#ではなくC++での話らしいですがマイクロソフトは、この静的コード分析を全て有効、エラーになるように設定して、この推奨される書き方をしないとコンパイルできないようにしてるらしいので、負けてられないですね!もちろん、静的コード分析には、内容に応じて判断して除外していいものもあって、ちゃんと「除外できるケース」も書いてあるので、それを確認しながら明示的に除外するのも含めて、やっぱりフレームワークやライブラリをつくる時はちゃんと考えないとダメですよねー!除外できないものは「除外しないで下さい」って書いてあって、それを破るとバグになる危険性がメチャクチャ高いから、ってちゃんと言われると、なるほど、確かにそれはヤバい。と思いますから、そう簡単に除外出来ません。

一方、テスターなど、Team Developer 以外には静的コード分析は入っていないので、表面書く人には出来ないし、フレームワークがしっかりしてればそれを使う側はある程度「わかってなくても」大丈夫に。そーゆー分け方になるんだろうなぁ。

とりあえず、さっと出来ると思ってたバージョンアップだけど、今やらないとやる機会ないし、今後はより適切な書き方をしていくためにも、ココはちょっと頑張っとこう!密かに楽しいしね。それに、今まで「こう書くべきなんですよ」って言っても「そうは言っても」って、なかなか説得するのが難しかった部分でもあるから、「静的コード分析でも、それじゃまずいって言ってるし」って言えるのは、逆にありがたい。そのためにもいち早く全部理解して、完璧に書けるようにならないとね!

・・・静的コード分析の設定って、プロジェクト単位でつけるから、フレームワークプロジェクトは警告じゃなくてエラーになるようにしとこうかな(笑

posted by SHIN-ICHI at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発・ソフトウェア | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

流行を先取り???

実は会社で風邪が流行っています。昨日、今日と2人が二日続けて休んでます。昨日はもう一人休んでたかな。SHIN-ICHI も先週2日休みました。いつも流行を先取りしています、風邪に関しては(苦笑
posted by SHIN-ICHI at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

プリミティブ印象派描画法 ~ Maya の気持ちを理解した?

今日も Maya のお勉強。教科書がとてもわかりやすくて、基礎的な部分だけど、かなり理解出来た。UI周りとか、“覚える”というより“なんかわかった”感じで、徐々にだけどやっぱり Maya に慣れてるんだなぁ、と思ったりします。一応、プリミティブ配置と変形からシェーダ設定、ライトを配置して、レンダリングするところまでは理解しました。

でもここまではわかってた。いや、まだ覚えられてない状態だったけど、まぁ、なんとなく出来てた事で、今日からは感覚的に分かって、「覚えた」「忘れた」とか言わずにもう扱えちゃうんだろうけど、そうでなくても、出来てたこと。それが出来たぐらいじゃ、ポリゴンやNURBSを使った“モデリング”が全然出来ないから、思った通りのシーンなんて出来ません。これじゃまだ全然何も変わっていない?

いや、そんなことはない。

trueSpace でも、最初はポリゴンモデリングなんて全然出来なかったケド、プリミティブの変形とブーリアン演算だけで、キャラクタを作って2年ぐらいはそれだけでホームページ上の全キャラクタは描いてたし。Surviveplus.net サイトの About Me にある SHIN-ICHI の自画像がちょうどその頃描いたバージョンのキャラクタ。一切、ポリゴンを直接編集するモデリングが出来なくたって、プリミティブとシェーダだけで3DCGは描ける!

これは、10年前、MS-DOS時代に3DCGを始めたときから知ってた手法がたまたまそうだっただけだけど(当時は個人が扱える3DCGソフトではそれぐらいしかできなかった)、SHIN-ICHI はこの描き方を

「プリミティブ印象派描画法」

と勝手に呼んでます。いや、今名付けました(笑

SHIN-ICHI はモネの睡蓮が大好きです。でも、子供の頃は睡蓮の実物を見たことが無かったので、岡山の大原美術館にある睡蓮の絵が、ただ絵の具が塗ってあるようにしか見えなくって、それが凄いショックでした。それが中学だったか高校だったか、何年かして睡蓮を見たときには、あまりの美しさ、絵の具の色合いとタッチで表現された光の世界にすっかり魅了されてしまいました。同時に、睡蓮が睡蓮に見えたことで初めて気付いたんです。

「絵は、実物を見たことがないと、それと認識出来ない」

モネの印象派と呼ばれる絵は特にそうですが、そうでなくても、どんな描き方をしたって、写真や実写並みの写実的な絵、CGで無ければ、人間は自分が見たことがないモノの絵を見ても、それを“そのもの”だと認識出来ないのだと思います。(興味があったので、一応生物学系専攻だった事もあって、この辺りの本も読んだ気がするけど、すっかり忘れちゃいました~でも多分科学的にもそういう話あったはず)

で、プリミティブの話に戻りますが、3DCGを球体や円柱、立方体などの基本的なプリミティブを組み合わせただけ構成で描いても、描く本人がそれだと思っていて、見る人がそれを見たことがあれば、それをそれだと思わせるように描くことは出来る、と私は思います。実際、初期の SHIN-ICHI のCGは大半、こういう描き方をしていて、自分では「ごまかし」だと思っていましたが、見てくれている人にはちゃんと、人だったり動物だったり服だったり、描きたかったモノにちゃんと見えているっていう、そういうのを経験しました。

逆にモデリングが上達すると、それに時間がかかるばっかりで、描きたいモノが全然描けなかったり。

つまり、何が言いたいかって言うと、3DCG はモデリングで描くんじゃない、っていうことです。3DCG は2DCG と違うって言う人が多いし、SHIN-ICHI もずっと以前はそうだと思っていたけど、やっぱり 3DCG も“絵を描く”んだと思うんですよ。モデリングは描くと言うより“作る”感じ。だけど思い通りに正確に、物体を“作る”事が出来なくても、3DCGを“描く”事は出来るんです。

Maya でもプリミティブだけでシーンが描けるようになれば、もう好きな絵が描けるも同然なんですよ!絶対!だって、後は描きたいモノの内容に適したレベルにモデリングが上達しさえすればいいわけですから。

・・・ちょっと言い過ぎました。

まだまだ基礎を勉強しないと思い通りに描くことは無理ッスが、今日は何か Maya というモノがどういう考えの基にこういう作り方がされているのか?何となく感覚で分かった気がしたので、目の前の霧が晴れた感じ。漠然とした不安がちょっと無くなって、なんかやれそうな気がしてきました。う~ん♪

trueSpace が感覚的に分かるまで3年ぐらいかかったもんなぁ。trueSpace に出来るだけ近い感じっぽい、ってことで Maya を選んだわけだし(ゴメンなさい、LightWave は体験版を開いてすぐ諦めました(汗))、昨日までは「見た目が近いだけで全然違うなぁ、わからない!」って思ってましたが、今日は「やっぱ仕組みや考え方はほとんど一緒か、設定する内容も同じね。どういう風に作業するように作られているか?わかれば、あとは同じなんだなぁ」と思ったりしています。分からないと思うと恐いからどんどんわからなくなるけど、分かると思えば恐くないからどんどんわかっていくし、新しいソフト使えるようになるまでの壁を今一つ突破出来た気がする。よかった~

さて、じゃぁ、ここからはまた trueSpace の最初の頃みたいにプリミティブで描く方式に戻って慣れていくか?って言うと、今度はそうじゃない。今回は、Maya では、モデリングもアニメーションも、まず基礎を徹底的にたたき込もう。まだ自分の絵は描かない。基礎を十分に固めてから、全てはそこからですよ!

昔は、trueSpace の本は全くなかった事もあって、全て手探りで描きながら覚えていったけど、それは若さと時間があって出来ること。今はもうそういうやり方は出来ないんだとキッパリ諦め、基礎を短期集中で身につけよう。そう出来なかったのがきっとここまでの敗因。

昔と今は自分も違うんだ。

以前出来たことが今は出来なくなっても、以前は出来なかった事が今は出来るはず。

同じやり方で出来なくたって、明日は違う自分がそこを乗り越えていくさ。「こんなことならもっと早く出来れば」「なんでこんな事が出来なかったんだ」なんて思わないように、かけた時間があったからこそ、今そこに立っている自分がいるのだから。何も急ぐ必要はない。焦らずゆっくり頑張ろう。とりあえず今日はそんな感じで。

相変わらず眠くて文章がグダグダなのはご愛敬?
posted by SHIN-ICHI at 02:07| Comment(0) | TrackBack(1) | プライベート | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

Maya の教科書を75ページ読んだ。

今日は、昨日、寝る前にバタバタと片づけや洗濯とか(全く・・・夜中に・・・(汗))慌ててやって寝るのが遅くなって、1時間半しか寝てなかったので、死ぬほど眠いかな?と思ったら、会社ではやっぱり平気。何なんでしょうね?最近、いっつもこうなんです。そう!帰って夕食食べると・・・ぐぅ(-o-...zzz

やっぱ仕事は気合い入れてるんだね、真面目~!

ていうかやっぱ、眠いッス。昼間平気なのが不思議なぐらいメチャクチャに眠い。だがしか~し!宣言したからには今日は3DCGの勉強1時間だけでもして寝なければ!!ということで、この前買った新しい Maya の教科書、前から75ページ読みましたよ!う~ん♪わかりやすい!

基礎です。はい、基礎ですよ。自分が3DCGが出来るなんて思っちゃいけない。trueSpace ?それは夢だ(おぃおぃ(汗))。とりあえず、Mayaを基礎から初心者らしく真面目にじっくり勉強するところからやり直すのです。頑張るッス。いや、でも、今回の本はマジで良い感じ。説明が丁寧でメチャクチャにわかりやすい。もっと読んで良かったらココで勧めよう。早めに勧められるように、さっさと自分のモノにするゾ!頑張れ俺!早く思い通りの絵を描けるようになりたい!ッス。

と。それ以外の話を書いておきたいけど、もう、眠いのでグダグダいきます。
続きを読む
posted by SHIN-ICHI at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

僕も3DCGが描きたいです(スラムダンク風に

ホームページのタイトル画像を昨年春のモノに戻しました。さすがにもう雪はダメだろう!とういことで(汗

まだ Maya で絵が描けません(T^T

くそぅ。trueSpace 使えるようになった時と同じぐらい辛いよ。マジで。あの頃はまだ絶対的に時間があったもんなぁ、今はホントマジでキツイよ。

「僕も3DCGが描きたいです(スラムダンク風に)」

ホームページは PHP で頑張って作った独自フレームワークも、1年経つと結構アラが見えてくるし、ASP.net 2.0 を仕事で使ってマスターページとかサイトマップとか知っちゃうと、そういうの使いたい!とか思うし。最近は Windows レンタルサーバーもまともになったらしいし(?)。結局、Blog 並みに更新しやすくしないと、気軽に更新なんて出来ないよ、このご時世。なんかすげー裏目ってる(涙

だぁ~!もう!俺もサイトもっといじりてぇよ!
続きを読む
posted by SHIN-ICHI at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。