2005年05月31日

プログラム言語について(前半)

プログラム言語のお話。勉強するのに一番オススメなのは Visual Basic.net です。まずは書いてみて、という実践派、現実主義者には一番しっくりくるはずです。C#.netでもほとんど変わらないけど、Visual Studio.netっていう開発ソフトがC#だとあんまり親切じゃない(バージョン2003現在)。言語も多少厳密なので仕事で使うならC#かな。マジメに勉強しないと使えない分、他人の酷いソースを読まなくていいかも?同じソースでもC#で書いたほうが高いらしいし。逆に早く書きたい、勉強したい、わかってて楽に柔軟に書きたいならVB.netですね。

JavaはWindowsプログラムをやりたいならちょっとやめたほうがいいです。まだまだ画面出すのが大変です。理想主義者、勉強好きならあっているかも。まぁ、VBもC#もJavaも似たようなもんです。

じゃあ、似てない言語達の紹介と、.net言語の位置付けを。


まずコンピュータはマシン語で動きます。それだけだとハードウェアの制御まで全部作らないと行けないので、コンピュータにはOSとドライバが入ってます。OSがいろいろあるコンピュータでも同じシリーズなら同じように使えるようにするための基本的なプログラム。そしてドライバが各ハードウェアがOSから使えるようにするためのプログラムです。

プログラムを作ると言うことは、基本的にはOSで動くものを作るということです。現代ではWindowsやMacOS、UNIX系のOS、昔ならMS-DOSなどですね。それぞれのOSは全く違う仕組みで動くのでそれぞれ違う作り方をしないといけません。で、C言語の登場です。

C言語は(OSに標準で付いているか?は別にして)大抵のOS用に用意されています。C言語で書いてそのOSでコンパイル(ビルド)すれば動きます。しかし使える命令も全然違うし、OSの仕組みがわかってないと作れません。それがC言語です。


(後半に続く)

posted by SHIN-ICHI at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発・ソフトウェア | 更新情報をチェックする

オブジェクト指向プログラムが組めるようになるには

随分以前にオブジェクト指向プログラムの組み方について説明するドキュメントページを書くと約束してもう随分経ってしまいました。

個人的にそーゆーのを書くの好きなのと、機会があればそーゆー本とか書きたいと思っているので、今から少しでも記事が書けるように、時々ここに適当に書いてみようと思います。いつかそれをまとめてドキュメントページに書き直して、いつか本になれば良いナァとか(笑)。


今日はオブジェクト指向ができるようになるには、どういうレベルを経験しないといけないのか?って話。経験談で絶対ではないけど。
続きを読む
posted by SHIN-ICHI at 00:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 開発・ソフトウェア | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

Zガンダム 星を継ぐ者 もう一度観に行きたい!

きっと、不安になるのは「どれだけこいでも前に進まない自転車」に乗ってる様な毎日変わらない、変えられない状態から、「ちょっと手を動かすだけでスピードがでる原付」に乗ってる様なスピードの毎日に、突然放り出されたから。慣れない感覚にびびってるだけ。ここでスピードを落としたらかえって危ない。原付には原付のスピードが、車なら走る場所によって適切なスピードがある。

初めて音速の壁を越えたパイロットは、それまで、装備は十分なのに機体が揺れ始める恐怖に中途半端に減速して失敗していた所、思い切ってスピードを上げたそうです。ホントかどうか知りませんが。

今は慣れなくて、自分でハンドリング出来てない様な気がして不安でたまらなくても、すぐに慣れて、自分で好きに道を選べるようになる。速度だってもっと上げていけるはずです。

無茶はダメだけど、可能なことは可能だと信じていこう!


それはともかく、映画Zガンダムをもう一度観に行きたい!(笑

ストーリーが凝縮、一部短縮されていて、内容が濃くてスピード感があったから、今の自分同様、凄いスピードで通り過ぎただけの感じが。どうせDVD買うんですが、上映中に、もう1、2度観に行きたいですよぅ。
posted by SHIN-ICHI at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

エクストラフィニッシュ = Zガンダム映画上映記念のメッキ版

機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者のオフィシャルサイトの画像をキャプチャして、トリミングして文字を入れて、自分の携帯用の壁紙画像にしちゃいました♪そう言えば、著作権上公開等は出来ませんが、自分で楽しむには何の問題もないんですよね~、すっかり忘れてました(おぃ)。あぁ、CGが出来て良かった(っていう程、大したことはしてませんが(笑))。

それから

1/144 HGUC ガンダムマークII + フライングアーマー
1/144 HGUC MK2 エクストラフィニッシュバージョン
1/144 HGUC マラサイ エクストラフィニッシュバージョン

の3つとも Amazon.co.jp で1-Clickで注文しちゃいました(汗
posted by SHIN-ICHI at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

覚悟=自信

最近、忙しさにかまけて、Visual Studio.net でプログラム出来てなかったので、今日はライブラリの整理と開発環境・テスト環境の再構築。ずっと余裕が無かったので、ほとんど使える状態じゃないんじゃないか?と思っていたライブラリが、実は整理整頓された形跡があってびっくり!いつの間に(笑)?忙しい間もこまめに習得した技術は自分用にもライブラリ化を進めていたようです。一応、使える状態なのか?確認しながら、AssemblyVersion の リビジョンバージョン(1.0.0.0 とかの2つめの部分、メジャーのひとつ下のバージョン)を上げながらリビルド。まだまだDebugビルドが残っていたり StrongNameIdentityPermissionAttribute(アセンブリの使用権限?)の SecurityAction.LinkDemand とかが間違って使えない状態になってたりするかもしれないけど、とりあえず、全て確認終了。これだけそろっていれば、やれそうだぞ!

俺って意外に凄いな(苦笑)。思った以上にしっかり考えているようです。忙しいとつい忘れちゃって不安になってしまうんですが、これでどうして不安になるのか?どうして、しっかり出来てますよ。大丈夫。

・・・最近、多いんですよね会社でも。「○○出来る?」と聞かれて、忙しくてもう作る余裕がないから「すいません、今は無理です。次のフェイズで対応を。」とか答えてから確認すると、実はもう作ってある、あるいは想定してすぐ作り替えられる状態で作り込んである、とか。おぉぅ?!いつの間に?!ということで、ウソばっかり言って、超絶記憶力の悪さを露呈していますが。う~む。問題は忘れてる事よりも、自分ならそういう部分も考えてやってあるだろう、って思えない事でしょうか。いい加減にしないと・・・

僕は本当に超絶記憶力が悪いので、「後で作り替えるから」と思うと、絶対に出来ないんです。だから、「最初から使えるモノを作る」そして「使い回す」のが基本。ライブラリの整備もそのために念入りに進めています。ですが、それがなかなかうまく行かず、思った以上に忘れていて、結局使えない、というのが長かったためか、ライブラリの整備がある程度実用に耐えるように出来るようになっても、その実感がまだ無いんです。あるいは、仕様として要求されていない、自分で勝手に想定した範囲だからと、UML図とかに残していないと、もう作ってないと思っちゃう。

考え方(プログラムの組み方等)は忘れないのですが、名称や事象、特に映像を伴わないモノを覚えておくことは非常に困難で、数字に至っては振り向く間、ものの5秒ですら覚えていられません。これは記憶のある20年以上、ずっと変わらない、僕の身体(脳?)の性能・性質のようです。大好きな恐竜の名前を定番5種類しか覚えられなかったのは有名(ていうか自分で毎回言ってるだけなんだけど(笑))です。映像は頭に浮かぶんだけどね。

それなのに、最近はずっと技術を磨くことばかりに目がいって、そう言う部分を補うために過去にやっていたこと、例えば自分でカッコイイと思うようなリストにしていつでも見えるようにしておくとか、そういう工夫を怠って来た結果ですね。格好つけてプロっぽい絵柄を用意する様な歳でもないですが、自分が気に入るような格好をつけられないなんて、それはそれで「格好つけると素人っぽいから」って気にしてるみたいでガキっぽいよ。


・・・本当の自分自身を裏切って、前に進めるはずがない。出来ることは自分が出来ること。過去の自分を大切にするよりも、本当の自分を見失わない事を大切にしよう。

どれだけ忌み嫌い呪ったところで嫌いな自分が変えられないなら、出来ることだって失われないはず。想いが変わらなければ、出来ることは変わらないから。

俺ならやれると信じて頑張ろう!とっくに覚悟は出来てるんだろ?!
posted by SHIN-ICHI at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発・ソフトウェア | 更新情報をチェックする

君が待っているから


050529_1422~001.jpgTSUTAYAでGacktのMetamorphoze(映画Zガンダムの主題歌)を買ったらポスターもらえました♪
posted by SHIN-ICHI at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

刻の涙を見る

見たよぅ!映画Zガンダム!星を継ぐ者。う~ん♪満足x2。

渋谷の映画館、朝9時の、1時間前に行ったらもう並んでて、整理番号45番でしたから。そりゃ売り切れるはずだ。映画館限定のクリアバージョンのプラモも既に売り切れてました。プログラムに通販の方法は載ってますが。それよりプラモ屋で売ってるメッキバージョンとフライングアーマー付きのマークIIが欲しい!ヤバイ(笑)


映画は、やっぱり新しい部分が良い!カッコ良かったし、興奮しましたよ!かなり。原作を観てない人には厳しいかもしれないですがぐっと熱いものがこみあげてくる感じもありました。

さすがにTV版の画像を使ってるところは(自分がCGやるからより気になるだけかもしれないですが)ハッキリ絵が違うのがわかるし、全編新しい映像で観たかったですが、それで制作費がかさんでクオリティが落ちるんじゃもったいないからバランスはいいんじゃないかな。

新しいシーンは人物も良く動く。TVのアニメだとよくみんな棒立ちで、口しか動かないケド、それは技術がないんじゃなくて、制作費が圧倒的にたりないからとか。いや技術とセンスを持った若者が育ってないとか言ってた監督だから、この映画版では人も表情豊かに動きます。

戦闘中の表情の挿入でも、背景に滑らかに挿入された枠の中で、パイロットが表情だけじゃなく向きも滑らかに変える。その枠の消えかたも半透明消えていくんだけどその速度が絶妙で、全体のスピード感がたまらない。何と言ってもモビルスーツが三次元的に滑らかに、かつスピーディに動き回る戦闘シーンはさすが!スピーディと言ってもTVアニメのようにコマ数が少なくてあり得ない動きになってるわけじゃなくて、「おぅ!これなら有り得るかも!」と感じさせるのが嬉しい。それでいてリアリティの表現に終始するわけじゃなくてバランスがちょうどいい。

3Dゲームに慣れて、2Dゲーム的な動きをするアニメに「実際の戦闘はそんなんじゃないよ」と拒絶反応的に思ってしまうけれど、実際の戦闘は知らない。そんな感じの自分が満足できる、現代らしい映像だと思いました。

もっと若い世代なら、いやまだまだこんなもんじゃなくって思うかな。それならコストパフォーマンスですよ!新技術でもっと良い映像を観られるように!新しい時代を創るのは老人ではない!とかね(笑)。


とにかく満足ですよぅ。次は10月!楽しみです。

posted by SHIN-ICHI at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

Zガンダム初日完売

Zガンダム観れませんでした。今日の分は完売という張り紙が出てました。
マジ?がっくし・・・東京は人が多すぎだよ(泣
posted by SHIN-ICHI at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

わーわーゆーとりますが(笑)帰って寝ます

気付けばもう1日が終わってる。もう今週が終わるよ。

視野が狭くなってないか?全体は見通せてるか?具体的なスケジュールと現実、思い描ける実現までの道のりのリアルなイメージ、ビジョンには差がないか?

大丈夫かい?


色々思うところはあるけれど、こーゆーときは少し立ち止まって良く考える。落ち着く事が必要だよ。それと、やっぱり毎日10分でも良いから、プロジェクトのメンバで形式的に集まって、現状を確認し合う。そーゆーのが部署のミーティングとは別にあると良いな。あーゆーのって、意味がないように見えて実はかなり有益です。自発的に積極的に出来たらかなり違うと思う。

まーそれを誰にも要求するのは無理があるけどね。有効かどうかは両方自分で経験しないとわからないし、その気構えがなければ効果も半減。考え方が違う、価値観が違うならなおさらだ。それが出来なくても会社は回るように出来てるべきなんだけど、そこがまた会社の質、クオリティでもあるから、絵に描いたような最高のテンションが良いよね、やっぱり。

そーゆーのを強いるんじゃなく、自然に引き込める魅力のある人間になりたいよ。まーそれも100%そうなんて有り得ないんだろうけどね。ツーと言えばカー。一を聞いて十を知る、打てば響く人間ばかりじゃないとき。それが課題です。
posted by SHIN-ICHI at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

運命ー宿命

やっぱり人間には向き不向きがあるよね。

自分が当たり前に出来ることは、簡単に人に「出来て当たり前」とか「もっと気を付けないと」って言えるけど、自分が出来ないことは「そんなの普通じゃない」「無茶言うなよ」って思っちゃう。特定の業界なら、ある程度は「出来て当然」を要求出来るし、限定的なローカルコミュニティなら常識の範囲を共有してこそ親密な気がします。

だけどこれはどこまで行っても金太郎飴みたいに際限無い事なんだろうなぁ、なんて。

それを許容すると、「何にもできなくたって良いじゃん」って言ってるようでダメダメな気もするし、でもそういう厳しい事を言えるのは自分が簡単に、あるいは頑張ってでも実現できちゃう事だけなんだよね。自分がどうやったって出来ないことは、そんなこと思いもしない。出来てるつもりか出来なくたって変わらない、あるいはそれでいいと感じるはず。概念のない事は考えられないんです。

それだからこそ、新しい概念を得られる出会いは幸運です。

まーねー。いくらなんでもこれくらいは、っていう社会人としての常識とか最低限のモラルとか、同じ業界なら知ってないと話にならん、ってあるんだろうけど、それも微妙だしなぁ。

プログラムにしたって「自分は経験が浅いから何にもできないです」なんて予防線をはってたってすぐにいろいろ出来るようになって「何にもできない自分が出来るんだから常識だ」なんて言えなくなる。プログラムだって多岐に渡って向き不向きもあって、ひとそれぞれ出来ることが違う。みんな自分が出来ないことが出来る人がいるから人と一緒に仕事をする意味がある。独りで出来ることをやるなら、後は労力の問題ですから。

そー考えると難しいよ。特に僕は人が当たり前に出来ることで出来ないことが多すぎるから。だけど普通の人はそうは考えない。多くが自分は普通だって言いたいから。いや、僕もそれは変わらないケド、明らかに出来なさすぎるのにそう言ったって認められはしないからなぁ。

それよりも、出来ることに力を入れる方が健康的だと思う。「それができるから、あれができなくたっていいじゃないか」なんて聞えが悪いけど、極論すればどこまで行ってもそれはあるよ。住む世界が一変すれば常識なんていくらでも変わる。孤立した世界で生きていきたいなら、自分の常識だけ守ってれば平気だけど、これだけ世界が広く繋がってるんだから、独りで生きてるんじゃなければ、そんな独りよがりは言ってられない。

誰かを認めるという事は、自分には到底理解できない事を確かに出来ている人間がいるということを知り、その人にそれを任せられる。そーゆーことだと思う。そしてそれが自分を認めるという事。

当然だからといって何でも出来ないことはそれでいいなんて思って適当にしたりしない。出来るべき事は出来る限りやる。じゃないとこんなことやってないさ。僕のサイトを見れば何が得意で、何がいくらやってもマシにならないか、すぐわかる。多少でもマシになればと気を付けて勉強して。だけどそれだけしても、出来るヤツの1分にも満たないんじゃ、一生努力し続けながらも「君はそれをないがしろにしているな、もっと努力したほうが良いんじゃないか」って言われ続ける、そんな人生どうなんだろ?

逆もしかり。ホントにそれは努力して出来るようになった事か?ある程度機会に恵まれれば、つまり生まれながらにして、それはできたんじゃないか?それに安住してたんじゃ、何にも成し遂げてない人生で終わっちゃうぜ?


難しいよね。やっぱりバランスだよね。でもそれさえも同じか。

どうであろうと、最低限出来んとダメなこともあると認めつつ、出来ることに力を入れて、出来るようになれたらその幸運に感謝する。そんな感じが良いよ。今は、ね。

posted by SHIN-ICHI at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

自信がなきゃやってられんだろぅ

今日は見なかったけど、最近毎日、プログラムを組んでる夢を見ます。そういうと「じゃあ、夢の中で完成させて後はそれをそのまま打つだけだね」ってよく言われますが、そうもいきません。大抵有り得ないことをしようとして「バグだバグだ!」って目が覚めて「有り得ないから!」って自分に突っ込みながら起きる、みたいな(苦笑)。

昨日は二つ宣言した変数(値を入れる箱)の一方に値を入れて、他方を使いながら「値がでない!」って慌ててました(笑)。「有り得ないから!」

酷い時にはプログラム言語中に何かふにゃふにゃした形で色のついたものが出てきて、それを変数とかとみなして使えてたりするし(笑)。


そう話したら「自分の組むプログラムに自信がないんじゃない?」なんて言われました。キツイ事言うよなぁ(汗)。プログラム歴2、3年とかじゃないんだ。理解せずにコードを書いてるわけじゃない。動くべくして動くし、バグは簡単な書き間違いか書き忘れ。簡単なとこほど(急いで書いたとこほど)バグが出やすく、難しいところはよくよく考えるからバグはでない。

問題はそこじゃない。あるとすれば自分自身だろう。


まー単に、1日15時間前後プログラムを組めばそーなるだけですね。ゲームでもパズルゲームとかはよく夢に見ます。

今日は見てないから眠いケド目覚めは悪くないですよ(笑)

posted by SHIN-ICHI at 10:27| Comment(2) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

間合いが命!

pso sara 2005 05 25 1

ハニュの良さは接近戦もテクニックも両方行けることですが
続きを読む
posted by SHIN-ICHI at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

ドラゴン退治~森突破~!

pso sara 2005 05 24 1

いざ!ドラゴン退治~♪
続きを読む
posted by SHIN-ICHI at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

人は同じ過ちを繰り返す

同じか・・・。リソースのファイルを変更したらリビルドしましょう(笑)。

プログラムのお話。タイトルはZガンダムの台詞から。

posted by SHIN-ICHI at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

考えるより話す

土日共に、平日の4倍以上寝たおかげか、風邪による手足の筋肉痛はなくなりました。今日は非常に眠いのですが体力はだいぶ回復してる様子。先週は通勤で倒れそうになってましたから(笑)。

色々と非常に悩む。悩むのは手詰まり、使えるカードが足りないからですね。選択肢をしぼるには明確なイメージ、ビジョンが描けるぐらい話し合わないとダメですね。

話し合いはお互いの理解を深めるだけじゃなくて、自分で分かってるはずのこと、常識だと思いすぎてること、色々とわかってプラスになります。そこから一番いい落とし所、解決法、新しいアイディアがうまれます。

逆に、話し合えないだけでこれだけ難しいとは。思ってることのイメージすら掴めない。


まーそーも言ってられないんでやるしかないんだけどね。 

posted by SHIN-ICHI at 10:18| Comment(3) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

PSO BB EP4 インストール!

pso sara 2005 05 22 1

ファンタシー・スター・オンライン ブルー・バースト(PSO BB) エピソード4(EP4)を購入したまま、いつまでもインストールしないのはあまりにバカなので、今日は風邪でずっと寝てたし、集中力もないので、入れるだけ入れてみました。キャラを作り直したのでIDを引き継ぐ必要も無かったかも。
続きを読む
posted by SHIN-ICHI at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

おめでとう~!(=^^=

中学からの友達が結婚するってメールが来ました!おぉぅ!

実は、今月の占いに「友達に驚くことが」って書いてあったので、そーかも、って思ってたんですが、ホントにそうだったとは!わ~!おめでと~♪
posted by SHIN-ICHI at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

遊びでやってんじゃないんだよ!

Zガンダム・カミーユ(主人公)の台詞。まったくです(笑)。

来週末、映画版第一部公開ですが、行けるかな?厳しいかな(苦笑)。ま、でもそれもアリでしょ。最悪、スクリーンで見れなくても(有り得ないが(笑))、DVD買うのは確定ですから。


嫌な仕事ならまっぴらですが、そーじゃないからね。そーゆー時に気を付けないといけないのは、気を付けてないと限界越えても気付かずムリしてダウンしちゃうこと。好きなことだとね、どうしてもね。でも、最近はそれも少なくなりました。手探りで始めた個人活動も、これだけ続けていれば、そーゆー技術以外の経験にもちゃんとなってますね。

ギリギリ限界にスピードあげたんじゃカーブは早くまがれない。ブレーキとコースが大事なんです!(走り屋さんじゃないからわかりませんが(汗))。

まだやれそうなところで休むのは勇気がいりますし、もうどうしようもない。その前の一手で既に詰んでる時もありますが。忙しい時こそペースを守る。それが一番バランスがいいですよね。

とにかく今日はもう帰って休みます。次の戦に備えて風邪を治すことこそ肝要かと。(義経タッキー風に(笑))

posted by SHIN-ICHI at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

どちらがかけてもダメなんです

頭がくらくらする~(涙)

でも今日は順調に仕事進んだゾ。だいぶ新しい事も試して理解して書けたし。

ただ、もう、立ってると世界がまわるまわる(笑)。足が筋肉痛できついし、頭傾けるとぐわ~ん、て倒れていきそうです。今、駅のホームですが、ちょっと恐いです(汗)。喉も首も頭も痛いし風邪薬の効き目は切れてるなぁ。

つまり早く帰って寝ろ!と(苦笑)


ところで、僕に風邪をうつした(らしい(笑))同僚は、コンピュータの方がダウン!起動しなくなりました。「最期に正常に起動した構成」と「システムの復元」で、とりあえずは動くようになって、バックアップもとれたし、最低最悪の事態は免れましたが、不安定らしいです。どうもHDDが死にかけてるらしいです。

同じプロジェクトを担当している彼も、そのマシンも、どちらがかけてもアウトですよ!もちろん自分も!ね。忙しいのはわかってるけど、ダウンしないように気を付けないと。

ゆっくり頑張りましょう!

posted by SHIN-ICHI at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする

ぐだぐだ

ていうか携帯で打った前の書き込み、帰ってみたらぐだぐだじゃん!(笑
酷すぎて読めないところはなおしましたが・・・内容とダメっぷりが一致しすぎているので放置とういう方向で(涙
posted by SHIN-ICHI at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。